<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


監禁生活

インフルエンザにかかりはや1週間。
ようやく明日から出社です。

暇すぎて体にカビでも生えるかと思った。

痰のからんだ咳がまだ出ますが、それ以外はいたって健康。
薬ってすごいねー。
どんなに寝ても下がらなかった高熱が、タミフル飲んだ途端、
一時間で鎮静化。

インフルの猛威も充分体感しました。
あー辛かった。

昨日今日は、いい加減じっとしてられず、外に食事しに出かけてしまった。
駅前は、結構個人経営の食堂が多くて、ふらりと入るのに丁度良いのです。
この街の好きな部分でもあります。


「西欧料理ヴァン・ド・リュー」
ホテルオークラの元シェフが営んでいる、カウンター10席もない小さな洋食屋。
無愛想ですが味は確かです。

その隣は人の良いおじいさんが、魚料理屋をやってます。
「魚屋の台所」
刺身はもちろんココの鯛茶漬けは前代未聞に旨い。
鯛が本当に肉厚で柔らかくて出汁も優しくて最高。
お嬢さんがプロのバイオリニストで、ご主人はそんな話も嬉しそうにしてくれます。

「うなぎ美登里
2回くらい行ったことある。ご夫婦でやっているお店。静かでおいしくて優しくて、
本当にじんわり元気になる味です。


とはいえ、これらはやはりお値段高めなんですよね。そう毎日はいけません。
最近ハマっているのがカレー屋さん。
結構こだわりカレーのお店も多いです。


「カレー・シチュー屋 シーサー」
ここは最近一番のお気に入り。今はやりのいかにもインドっていう味とはちょっと違う。
ビーフベースなんでしょうか。ヒーヒーいう辛さではなく、味わい深い辛さ。
シチューもあり、これは月替わりで味が変わります。
昨日はココで、野菜のホワイトシチューを食べました。
野菜たくさんで優しいホワイトシチューに癒されました。

「カレー&カフェ味倶楽部」
ここは今日のお昼に行きました。わが家の本当に目と鼻の先。
地下にある薄暗いお店なんですがお昼過ぎると続々とお客さんが来ました。
何せカレーの種類が豊富で選ぶのに時間が掛かってしまいました。
結局無難に野菜カレーにしたんですが、それですらも、トマトベースかかぼちゃベースかが選べる。
他にも焼きカレー系、肉系、タイ系、なんて分野がわかれてそれぞれに何種類も味があるので全部制覇するのはかなり時間かかりそう。
トマトベースの野菜カレーは、酸味と独特のスパイスが効いていておいしかったです。
焼きカレーを次回は頼んでみたい。


「カレーのプーさん」
ここはまだ食べにいけていない。気になる存在。かなり辛いようです。
そしてボリュームも満点のよう。
地元のカレー屋さんといえば、ここが一番に名前がヒットするくらい有名らしい。
今まで知らなかった。


あー。腹減ってきた。
夜ご飯、米も炊いていないし。外に行きたい気もするけど
節約しなくちゃな。
[PR]

by pika_No1 | 2011-01-25 19:01 | 脳内診療所

みっともない愚痴

人から求めてもらいたいなあ


人とおなじテンポで生きていきたいのに


常に落ちこぼれ


何で私ばっかり


早く終わればいいのに
[PR]

by pika_No1 | 2011-01-24 01:49

また風邪ー!

年末に風邪をひきました。
オーストラリアにいく直前に引いたのでかなり辛かった。


あれから1ヶ月たってないのに!

今回のは熱が伴い。

ただいま38度。


悪寒が本当に気持ち悪い。


ていうか、昨日部長が風邪で早退した。
移しやがったな。ヤツのウィルスを吸い込んだと思うと不快感倍増です。


体もミシミシー!
痛いよー辛いよーきもいよー。


独り暮らしだと、こういう愚痴を人に言う機会がないので、こちらに書かせていただいてます。ご容赦ください。
[PR]

by pika_No1 | 2011-01-18 22:51 | 脳内浄化

楽器が不調

2010年は毎月本番があって、そして難易度もかなり高かった。
一生懸命やったけど、がむしゃらになりすぎて、音がすっかり荒れてしまった。

低音の音程が下がるのが嫌で、気付けば息の角度がかなり外へ向く癖がついてしまいました。
なので的に当たっていないスカスカの音に。

癖を直そうともがく程に力んで音量も音色も散々な状態。

今回のスランプはかなりのハードルです。
オケの曲に対してもモチベーションがあがらないまま。こんな状態で吹いても意味がない。


もう今日はついに先生にSOSを出しレッスン。
楽器を吹くこと事態に恐怖を覚え、曲に対する興味も全く湧かなくなってしまいました…。


こんな子供みたいな愚痴をちゃんと聞いてくれる先生。神様です。

オケの本番はいつ?

2/20ですが…。

じゃあ聞きに行くから♪

ひっ!

これだけでかなりの危機感というか、やらねば、という気になるから凄い。


練習する気になったでしょ?これは私自身もよく使う技なの。やる気が出ない時はやらざるをえない状況にするのが一番。


そして、実際の音色問題については。


じゃあ今日は楽器を交換しましょう。私の楽器で今日のレッスンは吹いて下さい。


わー!先生のゴールドフルート!1時間もタダで吹かせてもらえる。


普段の楽器で普段の練習をしても、普段の吹き方から抜け出すのはなかなか難しいから。いつもと違う楽器だといつも通りの鳴らし方では鳴らないよね?違った感覚で刺激を加えてみるのも手ですよ。

すごいなあ〜!そんな発想全然なかった。


今日は久々にエチュードをじっくり先生の楽器でレッスンしてもらった。先生は私の楽器。


あー、やっぱりあなたの楽器は全然、特に高音が鳴らせてない感じがするね。この楽器、もっと鳴るよ?


そうかああ(泣
楽器に申し訳ない。


口の中、喉の奥に息の圧力を与えること。
やはり息の方向が上ずってるのでもう少し下げる、楽器の角度も注意。
あとは音が鳴らないことを気にしすぎない。全部を鳴らそうとすると曲自体のフレーズ感がなくなり吹いてて苦しくなる。


一時間レッスンを終え、最後に自分の楽器を吹いてみると、大分鳴るようになった。


しかし、そのあとのオケ合奏ではまた余裕がなくなり口も崩れて、楽器を響かせることが出来なかった。


すぐには脱却できないだろうな。でもこれを越えたら、ワンランク進めるはずだ、と信じて頑張る。
[PR]

by pika_No1 | 2011-01-16 02:31 | 脳内浄化
line

のらりくらり


by pika_No1
line