<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


人生初

本番で窒息死にかけ。

先週オケの本番だったのですが。
前日に、実家の愛犬が死にまして。精神的に滅入ってしまいました。ろくに面倒みたことないし、ペットは所詮ペットだと思っていたのに。いざいなくなると、どうしようもなく悲しく切なく何もしてこなかった後悔などなどで乱れっぱなしの状態でオケ本番。一晩中なき続け睡眠時間も2時間以下だったので、体温が下がらない状態。本番直前になってもちっとも気分が乗ってこないのでリポDを飲みました。


そのせいなのか何なのか、演奏中は大変なことになりました。
ベートーベンによくある、ピアニシモとかで何小節もかけて徐々にクレッシェンドするパターン。交響曲4番では出頭からいきなり木管にそれがあります。もう最悪。私は息が持たないタイプなので、可能なかぎり、口の周りにある酸素を吸い込みます。
が、本番では吸った息が肺ではなく胃に入ってしまった…。いわゆる「げっぷ」のモトです。
しかもげっぷが、出てきてくれればいいものを、喉の途中で詰まったような感じで出てこない。
咳をしてみたりちょっと体をひねってみたりしましたがつまったまま。詰まってるということは新しい息が吸えません。もう大パニックですよ。「出ない!出ない!」と真っ白になってる間に曲はもちろん進行していきますから、ろくに息も吸えないまま吹かなきゃいけなくて。喉の中では出ようとする空気(げっぷ)と吸った空気がぶつかり合って渋滞起こしてる感じ。脂汗はでるしくらくらするし、唾液も口いっぱいに溜まり、飲み込みたくても喉が押し返してくる。仕方がないのでハンカチに吐き出しながら演奏…。2楽章ではフルートがカンタービレな主題を披露するのに…ほぼ意識不明のやけっぱちでわけわかりませんでした。多分音程もあがりまくりで足元うわついたような演奏だったろうな…。
隣や後ろからは、いつも練習をともにしている木管の仲間たちが華麗に難しいフィンガリングのソロを決めたりアンサンブルを発揮してるのに!私は自分の入りをその場その場で逃げ切るしかなくて。演奏そのものを楽しむことが全くできなかった…。結局げっぷが出たのはアンコールの途中。はあー…もうどーでもいいっす。
悔しいのと疲労感で終わったあとはぐったり。

やっぱり本番前の精神管理と体調管理は大事です。睡眠不足もげっぷの大きな要因でしょうね。

しかし、意外にもカーテンコール時には指揮者の先生から花束をいただきました。嬉しかったけど、自分が満足出来てる演奏をしたときにもらいたかった。

でも、考えてみたら男性に花束もらったの人生で初めてかも?!なんてことを思いながら帰宅すると。
人生で二度目の花束とアイスクリームに出迎えられ。ありがとうよ。

でも、正直、寝ててあんまり聴いてなかったみたい。
「楽器を構えて動いてる時は、あ、吹いてるんだな、てわかったよ♪」
…まあクラシックに興味のないひとはそんなもんでしょう。
とりあえずどん引きはしてなさそうなので今後も活動させてもらおう。


そんなわけで一つ演奏会が終わったので今日は楽器を調整に出し、仕上がるまで喫茶店で茶をしてる次第でございます。

次の本番も間近なのでまた練習の日々が続きます。
[PR]

by pika_No1 | 2010-09-25 17:03 | 脳内浄化

軟食

今週は、木金と、異様な眠気に襲われて大変でした。
それでもよくサボらず出社しました。低レベルな頑張りです。

なので今夜は久々に一人晩酌。
うーんやっぱり自分に甘いね私は。

賞味期限間近のはんぺん。
本当はおでんの具にするつもりが、他の具を入れすぎて
鍋が一杯になったので仲間に入れてもらえなかったはんぺん。
先日旅行に行った時に、モッツァレラチーズの中に生ハムが巻き込まれている
オシャレチーズを購入したので、それはんぺんにはさんでオリーブオイルで焼いてみた。
仕上げにクレイジーソルトをクレイジーな勢いで振りかけ。

f0033997_0191391.jpg


結構うまかった。クレイジーソルトは偉大です。なんでもそれなりの味にしてしまう。

もう一品は昨日の残りのシチュー。

f0033997_0202369.jpg


気付けば白くて柔らかい食べ物だらけ。歯が弱るぞう。

洋風おかずなのに、本日のお酒は濁り酒。
これも白かっっ。


さて。明日はオケのGP。明後日は本番。

そして先ほど、レッスン曲をスタジオで個人練した時の録音を聞いてみましたが、
あいたただなあ。ダブルタンギングが本当にヘタクソ。
シングルはそこそこ得意なのに。ダブルになるととたんにアンブシュアがガタ崩れ。
軽快なスケルツォのはずが、ガタピシエンスト寸前のポンコツ車みたいだ。
もっと自由に曲を楽しめるレベルになりたいなあ。

とりあえずはオケに集中しなきゃ。
自分の趣味を理解してもらうためにも。
いつもより少し気合入れないと・・・。

でも。誰かのために吹くと邪念だらけになるので。私は私が楽しむために吹くのだ。
それを見て良いと思うかドン引きするかは相手に任せよう。
自然のままにいつもどおりに演奏を楽しもう。オケの仲間との時間を大事にしよう。

うむうむ。
[PR]

by pika_No1 | 2010-09-18 00:28 | 脳内料理人

増える増える

こんな曲まで。

↓クリック
ドップラー フルートとヴァイオリンの二重奏曲「アメリカ」

ジャズ発表会では結局クラシックでも3曲参加することに…。
あと1ヶ月で今からさらうんですけど・・できるのか。
でもバイオリンを弾いて下さるのは、高校時代のオケの先輩。
ほとんど面識ないですが、猛烈に上手で雲の上にいるような人でした。
今もセミプロ的なアマオケのコンマスでご活躍。
ピアノ伴奏は、我がジャズ師匠。フルートでの共演ではないですが
高校時代ではありえない、想像もしたこともない奇跡のようなチャンス。
お二人に少しでも近づけるように頑張らなくては。

YouTubeで検索すると、バイオリンパートももう一本フルートで吹いてるものがたくさんありますが、断然バイオリンの方が音色の違いがあって面白いと思う。

フルート二本版だと、この方々の演奏が素敵。二人とも音がかなり低音まで響いてます。
息もたっぷりでメリハリがすごい。

↓クリック
フルート二重奏版「アメリカ」

ああまた興奮して今夜は寝不足になりそう。
[PR]

by pika_No1 | 2010-09-16 23:18 | 脳内音楽家

楽器とその他の両立

難しい。。

平日は暇なのに。

土日が足りない…。

所詮趣味なので、ここまで楽器の用事を優先するのは普通の人だとちょっと理解できないだろうな。

レッスンの先生に聞いたことがある。

「クラシックに興味のない旦那さんに、その道で生きることを理解してもらうために、どんな作戦を立てましたか?」


「コンサートに来てもらって、本気モードの自分の姿を見てもらうしかないね。」


かっこいい〓


て、これはプロの人の話。それを仕事にしてく覚悟と責任能力のある人の話。
私はあくまで趣味なのでそうはいかんな。社会的責任を放棄してお気楽な趣味に没頭してたら逆にどん引きされてしまう。


でも。楽器吹いてる時くらいだもん。生きてるか死んでるかとか、自分はイケてるかダメ人間かとか考えずに目の前の音と楽譜に夢中になれるの。
現実逃避と言われればそれまでだけどね。


今週末はオケ本番。
どんな感想を持つんでしょう。
多分居眠りしてロクに聴かないのだろうけど。

私は私のために吹くのだ。
私はこういう生き方しか出来ないのよ。
[PR]

by pika_No1 | 2010-09-15 00:23 | 脳内浄化

グッタリが満開

大変。水曜にして気力を使いきっちゃった感じ。原因は色々。


①生理痛
②夏バテ
③仕事(上司の意味不明っぷり)
④友人知人のイラつき(これも暑さのせいなのかしら)


まあ①が解消されればいつも通りになるはずなんだけど。
でもこれも、年々症状が重く、長引くようになってきていてとても不安。学生の頃は全然気にならなかったのになあ。きっと毎日楽しくて、痛さを気にして遊ぶのを我慢なんかしてらんなかったんだろうね。

最近思うのは、歳をとるにつれ、自分に過保護になってきてる気がする。

学生時代はやはり社会の辛さなんか知らないから自分に厳しい、優しいなんか考えもしない。
社会人になると仕事そのものの大変さ、あらゆるタイプの人間と上手く関わらなければいけない大変さ、恋愛などの成功失敗、そこで感じる自分の腑甲斐なさや人に対する不信感などなどを怒涛の勢いで体験して(もちろん嬉しいこともたくさん体験しますが)、「学生時代の自分は世間知らずで甘かった。社会に通用するには自分が変わらなきゃ、内外面ともにステップアップさせなきゃ」と自分を叱咤激励しはじめますよね。
そして気付くと身も心も疲れて病気になったり。そうすると、
「頑張らなきゃと思っていたけど、頑張りすぎると人は壊れてしまう。無理に自分を変えたり我慢したりしなくていいんだ。」と考え方に変化が。今まで苦しんで踏張ってきた自分を労り、自分の好きなことを好きなときに、出来るだけ好きなだけやるようになり。体調が少し悪いと、「私疲れてるのね、休んだ方がいいわ」。欲しいものがあると、「毎日生きて会社に行くだけで充分頑張ってる。」とご褒美を自分に与える。


そんな感じで、また気付く。かなり自分に甘く、堕落してない?
ちょっと人生の休息、長すぎない?

人間、ホドホドに我慢と努力は必要。あ、忍耐力は我ながらかなりあるはず。無言で耐える。というか言い返す知能と勇気がない。
病は気から。自分しだいで気力も生まれる。

あー、強くアクティブでクリエイティブな人間になりたいわ〜。
そうよクリエイティブさが私には必要。それがあればもう少しまともに前を向いて歩ける気がする。でも、素質もあるしね。ルーティンワークは得意なのに人のうえに立つと全く役たたずの人、ていますよね。その逆も。適材適所があるのよ、と友達には言われたけれど、今の職場が適所だとしたらかなり凹みます。しかーしそこを飛び出すアクティブさが私にはないのでまた凹みます。


てまとまらないねー。

こんなことを書きたいのではなく。
今日は本当は楽器を練習して帰るつもりが、なんだか気力がゼロになり、お腹の中もゼロになり、大戸屋で定食を食べて気力回復を図ったけど回復せず、それを生理痛のせいにして家に帰ろうかを考えているのでした。
[PR]

by pika_No1 | 2010-09-01 19:41 | 脳内浄化
line

のらりくらり


by pika_No1
line