<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


世の中

どうしてこうも個人的な機嫌や都合で乱れた精神を、平気で他人にぶつけることが出来るのか。
その不安定な精神状態で湧いてくる投げやりな判断だったり発言だったりの多くが、周囲に多大な迷惑をかけることに何故気付かないのか。自分だってそういう人間からの攻撃を受けて不快な気持ちになったことくらいあるはずでしょう。自分がやられて嫌なことは普通やらないようにするはずなのに。

その「不機嫌」を、皆よく堂々と、家族でも恋人でも物凄く深い絆がある友人でもない人間にぶつけられるよなあ…そんなことをしても「自分は大丈夫」と思えてるからなのか。自分を信じられる強さに尊敬と羨ましさでいっぱい。

私は典型的な内弁慶なのでなかなかそれが出来ない。
外に出ればピエロと呼ばれて年下にも見下されて、その人たちの八つ当たりの対象になることもしばしば。いつも何だかヘラヘラ愉快に振る舞ってると舐められちゃうんですよね。私から見れば、何故みんな自分の機嫌一つで平気で和を乱す言動が出来るのか理解不能。
本当はそこまで思ってないでしょ、そんなこと思ってないでしょ、という発言を勢い任せに投げつける人々。
そして、乱れた輪の修復を人任せに無言でボケーと見てるだけの人も。なぜ何もしないんだ。あなた方も輪の一員なのに。ピエロが何かしてくれるだろうと思っているのだろうか。


自分も気付いてないだけで同じ穴のムジナなのだろうか。それは嫌だなあ。でもピエロももういい加減辞めたいねえ。
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-31 00:53 | 脳内浄化

課題山積み

楽器生活が最近アップアップです。

最近、ジャズも習い始めました。
高校時代の憧れの先輩がジャズフルーティストなので、
教わっています。
そしていきなり発表会に出ることに・・!
「好きな曲を探しておいで」
と言われて、とはいえ、ジャズの曲なんて全く知らないので
You Tubeで色々調べ、ジャズの定番曲の一つ?なのかな?
「All of me」を選択。中でもレスター・ヤングというsaxの大御所の
演奏が気に入ってしまいました。↓

All of me

はああ。出来るのだろうか。先輩にただいま楽譜を用意
していただいているので届くのが非常に楽しみ&恐怖。
あまりにも初心者過ぎて自分のセレクトがおかどちがいなんじゃないかと不安です。
先輩は大丈夫だといってくれてますが・・。


そして、オケの本番が来月あります。
ベートーベン 交響曲第4番。
この曲はフルートが珍しく1管。いやー、大変。
序奏のppの伸ばしがきついし怖いし他の楽器と音程合わせるの大変だし。
でもかなり全楽章にわたってフルートがおいしいとこを持ってくので
頑張らないと。楽しみです。

そしてそして、11月にはレッスンの発表会。
最近フランスものに挑戦中。今回は

ガンヌ アンダンテとスケルツォ
↑この演奏はかなり大幅に譜面がカットされていますがかなり素敵。
特に後半のスケルツォは音の柔らかさと軽快さが素晴らしい。
ちょっとブレスの間の取り方とか大胆すぎるけど・・。
音の雰囲気とかはすごい好き。

そして・・なんじゃこの天才少女はー!

暗譜だし。すげえ音の張り。高音低音バリバリに鳴り捲ってます。
カデンツァ部分もかなり自由に吹き込んでいておもしろい。
そしてスケルツォが高速すぎるー!荒削りではありますが完全に
曲を自分のものにしてますね。
このくらいの勢いと「自分はこう吹くんだ」という確固たる形を持って
表現できるようになりたい。

さらに12月は。
アンサンブルのクリスマスコンサート。
今回もユニークな曲に挑戦です。ブルーメルの六重奏曲を演奏します。

ブルーメル 六重奏曲 前半

ブルーメル 六重奏曲 後半

おとぎ話の世界のような、本当に美しくて素敵な曲。
ピアノのソロもあり、クリスマスにはぴったりの曲です。
あああああ楽しい。でもとっても難しい・・・。
演奏者だけが盛り上がって楽しんでしまうような演奏にならないように
音色の統一とか、音のキャッチボールとか、ハーモニーとか、課題が山積みです。
明日も朝から練習なので気合入れて頑張らなくては。

気付けば毎月一回本番があるという事態・・。
どうすんだこれー。やっていけるのか。
でも不完全燃焼の演奏だけはしたくないしなー。

ふう。気を抜かず、完成させることを肝に銘じて頑張るしかないね。
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-29 01:38 | 脳内音楽家

山形エナジー

どーん!

f0033997_224312.jpg


蔵王の「お釜」です!

彼女との夏休み恒例の旅。
今回は山形を堪能。いや本当に堪能しましたよ。

台風が接近していた3日間。
危うい天気にハラハラしながらも、みたいものは見れて食べたいものも食べられて最高でした。

旅の成功の大きな要因。
それは、素敵な温かい宿に宿泊できたこと。

お宿の名前は・・↓
ペンションポテト

ご夫婦でやっているアットホームなペンションです。
ご主人、奥様ともにとても気さくで温かい方でした。
ご主人が珈琲作りのプロで、自家焙煎をしています。
奥様は食事やジャム作り担当。
朝食、夕食全てのものが手作りにあふれるおいしいご飯でした。
しかもボリューム満点!夕食は食べきれないくらいです。
前菜、スープ、魚料理、肉料理、グラタン、ごはん、デザート・・。

f0033997_233045.jpg


次から次へと出される料理に感激の悲鳴でした。もーうお腹一杯♪
そして夜21時からは、ご主人お手製の「珈琲焼酎」がふるまわれ、
ご主人、奥様、他の宿泊客の方も交えて楽しく談話をしたり。
そして、音楽をやっている我々にとっては一番の魅力が。
このペンションではコンサートを定期的に開催しているんです。
ご主人がピアノを習っているらしく、先生や他の生徒さん、そのお友達、宿泊のお客さん、などなど出演者が拡大し、ついに地元のラジオでコンサートの録音が取り上げられたりもしたそうです。
次回は11月。その次は5月に開催予定。私たちも楽器をやっている、という話をしたら
「5月のコンサートの時にまた来て、出演してもよい」とのこと!
「いいんですかー!?」ということで5月にもまたここへ来ることにしました(^^

蔵王登山も本当に素晴らしかった。
登山前日は、台風でもしかしたらダメなんじゃないかと思っていましたが、朝起きてみたら
太陽の光が!これはいけると飛び起きて、「彼女」と二人、張り切って出発。

地蔵山頂までロープウェイでのぼり、そこから熊野岳を登りお釜を目指します。

空の青さが本当にすがすがしい。空気も冷たく寒いくらい。
f0033997_23103779.jpg


少し登るともう雲と目線が同じに!
f0033997_23162815.jpg


そして息切れ・・でも「彼女」は元気。「彼女」のお尻を目指して私は進む・・。
f0033997_23194534.jpg


1時間半くらい歩き、ちょっと石ころだらけで足場がふらつく中、たどり着いたのが

これなわけですよ。
f0033997_23243917.jpg


荘厳ないでたちに、息を呑みました。本当に言葉が出ない。
少し恐怖に感じるくらい。
お釜は、天候によっては霧がかって全く見えないときもあるらしいです。
台風の心配もありましたがまさかこんなにくっきりはっきり見れるとは思わず、本当に感動。
「ただただ、そこに存在している」ということの偉大さをもの凄く感じました。
私たちが毎日オフィスでイライラしたり、愚痴ったりしているその時でも
このお釜はココで変わらぬ姿でただただ存在しているんだなあ。
自然を目の前にすると本当に自分がちっぽけに思えてきます。

そして、空が近い。標高は1800メートルくらいなのですが。
f0033997_23312365.jpg


1800でこんだけ異空間を感じるんだから、富士山とか登ったら私は気でも狂っちゃうんじゃないだろうか。

下りはコースを変えて、「いろは沼」を見てきました。
これがまたサバイバルな道で、ちょっと恐怖でした。
舗装されて入るのですが、植物が道を覆うくらい生い茂っていて。
時々道が崩れて「これ通れんの!?足滑らしたら転落事故だよ!」
と思える場所がいくつか・・。

でも「彼女」はへっちゃらなようでずんずん進みます。頼もしい♪
f0033997_23374587.jpg


私は「ねえ本当にこの道あってる?ねえまだつかないの?」とおびえた子犬のように彼女の後をついていくので精一杯でした。
こちらも1時間半くらい歩いた所でようやく目の前が開け、

天国のような沼地
f0033997_23393179.jpg


人間が、私たち以外誰もいなくて、シーンと広がる湿原。
周囲は針葉樹で囲われ、冬は樹氷が見られるところです。
彼女はお釜よりこちらの風景に感動したようで、ペンションの奥様が作ってくれたお弁当のおにぎりをほおばりながら涙を流していました。

自然の偉大さ、優しさを全身に感じた旅。「彼女」と来れて良かった。
お釜を堪能した翌日は、ぶどう狩りを楽しみましたが、またそれは今度♪
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-26 23:45 | 脳内浄化

台風め

明日から夏休み!

毎年恒例「彼女」との旅行です。3年前から、夏休みは必ず一緒に旅をしてます。

今年は山形。


蔵王山に登って有名な「お釜」を見て、天童市の果樹園で桃狩りを予定。


なのにー!

なにこのピンポイント台風。
台風と共に我々も北日本へ北上。台風が去る頃に東京に南下。

宿にこもりきりになるんじゃなかろうか…。そんな事態に備えてオセロとチェスのミニチュアを持っていきます。これも「彼女」と旅行に行くときの必須アイテム。


楽しみ〜。つーか台風消えろー。
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-11 00:20 | 脳内浄化

NEWシューズ

を買いました♪

最近、会社仲間と皇居ジョギングしてます。
今までは、ぺったんこのやっすーいスニーカーで走ってたのですが、ついにランニング用のシューズを購入!

店員さんに色々相談して、ピッタリ合うのを探してもらいました


私にとって「サイズがぴったり」というのは奇跡に近い。体の構造が、何もかも小さいので、本当に小人みたいなんですよね。通常、背が低いと言われてる人でも、足のサイズは普通、とか、肩幅はそこそこある、とか、全体的にぽっちゃり、とかで、私ほど衣類のサイズに困窮する経験はないみたい。

私は全てがミニマム。足も縦横厚み、全部が普通の人の2割減。だから自分にフィットするサイズを見つけるのは本当に大変。買い物はストレス発散どころか、欲しいものが手に入らず、落ち込むストレス要因。

だから、今回はちゃんと欲しいシューズが買えてテンションあがりまくり。

早速先ほど会社仲間と走ってきました!
なんだか、靴が足を先へ先へと運んでくれる感じです。クッション性にも優れてるので足も痛くならない♪


気持ち良く完走。
買って良かった。


明後日からは蔵王にプチ登山なので、そこにも履いていきたいなあ。


にしても、ランニング後は汗だくで、自分の汗で肌がかぶれはじめたっ!
かゆいーー。
電車の中ですが全身かきむしってる。
早くお風呂入りたい。
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-09 21:01 | 脳内浄化

耳なし芳一

を思い出した。

先日、海に行ってビーチバレーをしてきました。
夏、エンジョイしようと必死です。しかし、お年もお年なので、日焼け対策も必死です。

帽子をかぶり、タオルを首に巻き、暑さに耐えて長袖パーカーを羽織り、短パンを履き、剥き出た素足には日焼け止めを何相にも重ね塗り。周りには若い女子がビキニ姿で歩いていますが、私は農作業中のお婆さんモドキ。
いいの。見た目とか。気にしない。


日焼け対策は万全!
こころおきなくビーチバレーを楽しみました。


しかし!
日焼け止めを塗り忘れた箇所がああ!


足の甲!


がーん!
1日遊んで、サンダルを脱いだら、足の甲の真ん中だけ真っ赤っか!すごいサンダル焼け。
赤いというか黒いというか焦げてるというか。


芳一も耳にお経を描き忘れて大変なことになったけど。
足の甲も大変。
日焼けから1週間ほどたちましたが、すんごい痒くなってきた。

仕事中も靴を脱いで足をこすりあわせてボリボリ。
お風呂上がりも痒くてついボリボリ。

かゆーい!
なんだか、傷んだ桃みたいな色になってきました。

やっぱ日焼け止め、て効果あるのね。本当に効くのか、なんて疑ってましたが、塗らないとこんなに真っ黒(真っ赤)。

早く治ってー。かゆいかゆい。
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-06 00:05 | 脳内浄化

もったいない〜

夜風。

昼間は激烈に暑いですが、夜になると風が吹いて、じっとしてれば冷房つけなくても涼しいと思うのです。

しかし、一人暮らしのマンション住まいだと、窓をあけっぴろげる訳にもいかず。
起きてる間は窓を開けますが、カーテンは閉めざるをえないので、結局、せっかくの涼しい風が全然入ってこない(T_T)


暑いーー!煮えるーー!


仕方ないので。


ピ♪


寒いーー!冷えるーー!


エアコンの風はやはり苦手。
しかも外は涼しいのにエアコンつけると、地球に対して非常に罪悪感…。
少しでもエコ気分を味わうため、エアコンの代わりに卓上扇風機をフル回転させて空気をかき回してます。
しかしやはり効果薄……。
朝にはまた汗だくなんだろうな。

夜の過ごし方、皆さんどんな工夫してますか?
[PR]

by pika_No1 | 2010-08-05 00:18 | 脳内浄化
line

のらりくらり


by pika_No1
line