<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ドア付近のお客様は

『一旦降りてから再度ご乗車下さい』

中央線のアナウンス。
ドア付近じゃないけど、降りる客が後ろからわらわら来るから、一旦降りてあげたのに。


再度ご乗車しようとしたら
ドアが閉まりだして締め出しを食らう。

何をおお!

ちょっと待てこら。
体を半分突っ込んでドアに挟まれる。
なのにドアは私を挟んだまま開かない。
必死に体をねじ込んで乗車。

『無理なご乗車はお止めくださ~い』

むかつく!!
マジむかつく!!

朝から機嫌が完全に斜め。
斜めっつーか横たわりたい。
ねむーい。
[PR]

by pika_No1 | 2010-01-19 08:01 | 脳内毒素

スキー体験記

お正月の旅記録続編。
1月2日~4日は家族でスキーでした。ほんとに、15年ぶりですよすべるの。

朝、駅で家族と待ち合わせの予定だったのですが
前日の温泉旅行の疲れもあり、早朝姉から電話があり。
「どうせ寝坊すると思うから、今から車で迎えに行くから!」
ほえー。さすがわかってらっしゃる。

車で私を拾い、そのまま立川駅へ。

「特急あずさ」で白馬へ向かいます。
甥姪たちは嬉しくて大はしゃぎ。姉に何度も叱られながらも、なんだかんだで
二人で仲良く遊びながら車中を過ごしていました。

雪景色が見えてくると黄昏る甥
f0033997_22502936.jpg


ホテルに到着後はさっそくスキー体験です。
レッスン受付をちょうどをやっていたので、とりあえずこの日は子供だけ申し込み。
7歳の甥は、幼稚園性の頃からスキー教室で何度か滑ったことがありますが
5歳の姪はスキー初体験です。以前から
「兄ちゃんばっかりスキーやってずるい!」と拗ねていたのでこの日を
待ち望んでいたようです。嬉しそうに着替えて、レッスンの先生たちにスキー靴を
はかせてもらっていました。

f0033997_2256541.jpg


小柄なのでスキー板を運ぶのもよちよち歩き。大丈夫だろうか・・。
f0033997_22583840.jpg


対する兄ちゃん。基本運動が苦手なので、こちらもちょいと心配です。
f0033997_2314171.jpg


2時間レッスンの間、大人たちは喫茶店で息抜き。
いやー、ゲレンデ併設のホテルだけあって、人が多い。部屋数も400部屋あるとか。
作りもオシャレで素敵ですよ。

5階の通路から下を写してみました。とにかくでかいホテルなのです。
f0033997_2343425.jpg


姉は小さな娘が気になるよう。何せ初体験だし小さいし、雪吹雪いているし。
こういう時、姉も母親なんだな、と思います。いてもたってもいらないみたいで
吹雪の中、ダウンジャケットとスニーカーのままゲレンデに様子を見にうろうろ。
でもどうやらリフトで上の方まで行ってしまったようで見つけられず。

2時間後、二人とも雪でほっぺたを真っ赤にして「楽しかった~!」と
戻ってきました。姪は大興奮。初めて体験の感動を一生懸命語ってくれました。

「足をこうやって開いてすべるんだよ!全然怖く無かったよ!一度も転ばなかった!」

よかったねえ。明日も滑ろうねー。

翌日は午前中私と姉も初心者レッスン受けました。母はここぞとばかり
お昼寝大会。日ごろ睡眠時間2時間という過酷な労働を強いられて
いるので、仕事を休んでいるこの旅行中はとにかく寝る。

さて我々のスキーレッスン。内容は子供たちと同じ。ボーゲンの方法を教わりました。
我々がへっぴり腰でひいひい言いながら滑っていると、横で甥と姪のグループが
列を成して蛇行ネズミのように降りてきます。

姪がすごかった。

後ろの子がヘタクソで転んで姪に激突しているのに、姪は片足すべりをして
よけながら一度も転ばず急斜面をすべり去ってゆく。どんなに後ろの子が
転んで足元に絡み付いても踏ん張って振り切る。

甥と姪は、漫画の「あさりちゃん」みたいな兄妹です。
兄は運動がてんでダメ。タタミちゃんのように秀才ではないけど
理科と工作が大好きで、もくもくと部屋でモノづくりをするのが好き。
妹はじっとしているのが大嫌い。どんなに寒くても外で遊びたがり
野サルのように駆け回る。本を読んだり文字を書いたり憶えたりするのには
全く興味がないのですが、運動に関しては負けず嫌いで転んでも
すぐに立ち上がります。

とりあえず大人二人はレッスンを受けへとへとになりました。
私は午後はもうグッタリ疲れてしまい、部屋で夕方まで爆睡。
姉は休む間もなく、子供たちを午後のレッスンに送り出し、その様子を
見守る。えらいねー・・・。

夕食前の一コマ。平和だ。
f0033997_23214836.jpg


夜はゲームセンターでちょっとだけ遊んで。子供にとってはこういう贅沢
ほんとパラダイスなんですよね。100円のUFOキャッチャーとか、目を輝かせて
大興奮。

甥はエアホッケーに夢中。
f0033997_23271381.jpg


深夜の駐車場。大雪で車がすっぽり埋もれてまるでカマクラ。
f0033997_23493523.jpg



翌日最終日は、レッスンは受けずに皆で仲良く滑りました。
が。事件勃発。。

運動が苦手なくせに、おちゃらけて考え無しに暴走する癖のある甥。
ろくに滑れないくせに、スピードを出して滑走して、リフトの下の雪の中に
落っこちて、埋もれてしまい出て来れなくなっていた。
一緒に滑り出して、甥があっという間に下って行ってしまった筈なのに
私たちよりもだいぶあとに降りてきた。
その姿はがっくりとうなだれて、さっきまでの勢いが消えうせている・・。

一体何してたの!?と問い詰める姉に気まずそうに事情を話す。
雪から這い上がれなかったのがよっぽど恐怖だったらしく
もう滑りたくない、とすっかり意気消沈してふてる甥。

自分がふざけて、無茶なことをして招いたことだろう。
しかもそんなことで一々ふてくされて、何が「もう滑りたくない」だ。
もう一回滑って来い!!!

ロビーで寝ていた母が事情を聞いて激怒。渇を入れてもう一度甥をリフトに乗せる。

甥は基本的に注意力散漫。歩いていてもなぜか前を見ずに
横や後ろをきょろきょろ。実はこの滞在中も、ホテルの中で

①へらへら横を見て歩いて金属の柱に顔面が激突。
②UFOキャッチャーでとれたぬいぐるみに夢中で、植え込みにつまずき体ごと突っ込む。

というドジをやらかしている。本当にのび太みたいなんです。
日常でも自転車をこいでいるのになぜか後ろを見ながら運転したり。
ほんと命に関わる悪い癖。どんなに注意しても直らない。

今度は安全運転でゆっくりすべる。私も甥がまたバカすべりをしないように
後ろにぴったりくっついてゆっくり滑る。
安全に降りてきたことで少し元気を取り戻した甥はまた機嫌がよくなり

もう一回滑る~♪

ほんと、いい気なもんだよ。
私は体力の限界なので姉に任せて。

まあ大人はイライラしたりひやひやしたりの旅でしたが子供たちはなんとか
怪我もなく楽しんでいたのでよかったです。
f0033997_23525316.jpg

[PR]

by pika_No1 | 2010-01-13 23:54 | 脳内雑貨

旅記録

年末年始を改めて振り返ると、怒涛の1週間でした。
一番感動したのはやはり温泉旅行ですかねー。

乳頭温泉郷めぐり。


東京は雪の気配なんて全くないから余計に雪景色がとんでもないことのように思えて。
この大雪は異常気象だというし、実際ココで毎日生活している方々にしてみれば
大変なことの方が多いのでしょうけど、観光客の私としては
「まっしろで素敵~♪なんて壮大な風景なんでしょう!」
野放しで喜んでしまった。

宿泊したのは、有名な「鶴の湯温泉」

f0033997_2232046.jpg


内湯が三つ、女性用露天風呂が一つ、混浴露天風呂が一つあります。
泉質もそれぞれ違って、乳頭温泉郷の中でも一番充実した温泉です。

露天風呂が本当に最高。この日はずっと雪が降り続いていたので
頭の上に雪がどんどん積もっていく中、ゆっくり温泉につかりました。
見渡す限り、雪の積もった山、山、山!木々の間からサルでも出てくるんじゃ
ないかしら、と思うくらい大自然が目の前に。他の客さんもいたので
お風呂の様子を写せないのが本当に残念。

夕食も、名物「山の芋鍋」(食べかけ写真ですが・・)
f0033997_22453112.jpg


他にも、いろんな種類のきのこを使ったのホイル焼きや岩魚、ぜんまいの和え物など
日本昔話に出てきそうな、素朴でおいしい料理がたくさん!お肉や脂っこいものは全然
ないけど、たくさんのおかずとおいしいお米で、気持ちの良い満腹感♪

f0033997_22564376.jpg

年が明けた瞬間の雪景色(建物は内湯の外観)
f0033997_22542851.jpg


宿の外には喫茶店もあります。
f0033997_23371812.jpg


おしるこ500円。癒しのもと♪
f0033997_23381414.jpg


いやあ、ほんと最高。
でも、ここだけじゃないんですよ。温泉郷ですから、他にも名湯をまわれるだけ
回ってきましたよ。

①蟹場温泉
露天風呂は混浴だったので入れず。内湯は岩風呂と檜風呂の2種類がありました。

サービスショット・・?
f0033997_23125743.jpg


②妙乃湯
実は温泉に入りすぎて湯あたり気味になってしまった私はココは入れませんでした・・。
友人に聞いたところによると、金の湯・銀の湯という名の温泉が二つ。
そして、ここはどうやら韓国スターのイ・ビョンホン氏が何度か訪れているらしい。

広間に無料で食べられる「きのこ汁」が囲炉裏にかけられていました。
「イ・ビョンホン氏が3杯もおかわりしました」という札が立っていました。
確かに、色んな形のたくさんのきのこが入っていて、素朴な味わいで旨い!
私も2杯おかわりしました。温泉入ってないのにすみません。
f0033997_23221058.jpg

ここでは軽くお昼ご飯も頂きました。おにぎりがいい形じゃないすか~♪
f0033997_23251885.jpg


③大釜温泉
小学校を移築して作って温泉宿。ここは男女別の露天風呂あり。
屋根がついているので、鶴の湯ほどの大自然感はないけれど気持ちよかったです!

しかし本当に雪が降り続けるもんだから、帰りの新幹線は1時間遅れ・・。
雪はやはり大変です。時間つぶしに入った喫茶店の店員さんも
「朝から3回も雪かきしてるのに、あっという間に積もっちゃうのよ!」と
言いながら私たちの為に道を掘ってくれました。ありがとうございます。

さて帰ってきた翌日からは今度は長野の白馬に行ったわけですが、それはまた今度。
[PR]

by pika_No1 | 2010-01-09 23:39 | 脳内浄化

明けましておめでとうございます

新しい年が始まりましたね。また色んなことがあるんだろうけど、この場所で皆さんから元気をもらいたいと思います。
今年も宜しくお願いいたします!

さて。今回の冬休みは旅三昧でした♪


12/28
有給とって『彼女』と買い物三昧。旅ではないけど1日歩き回って楽しかった!


12/29〜30
泊まり掛けでディズニーシー第2弾。
5月末にも行ったのですが別の友人たちと。やっぱ帰らなくて良い、て最高。翌日はランドの方も堪能しました。


12/30〜1/1
東北湯治ツアー!
30日の夕方にディズニーを後にし、その足で盛岡へ!会社の仲良し軍団と現地で待ち合わせて温泉三昧してきました。乳頭温泉郷を2日かけて制覇。雪の降る中露天風呂で大自然を堪能!本当に最高の年越しでした。


1/2〜1/4
長野は白馬でスキー体験。
東北から帰宅した翌日は家族でスキー。甥姪の冬休み旅行に混ぜてもらいました。スキーなんて中学の修学旅行以来。15年ぶり!
2時間だけ初心者レッスンを受けて板の履き方から教わり。甥姪もちびっこレッスンに入って滑り方を学ぶ。やはり子供の吸収力はすごい!へっぴり腰の私を尻目に、5歳の姪は八の字フォームで猛スピードで滑走していた…。


そして今日から仕事始め…。こんだけ遊んで英気養ったつもりが、たった8時間で生きる気力を奪う会社、て偉大。
でも頑張らないと。お金は必要。
[PR]

by pika_No1 | 2010-01-05 18:46 | 脳内浄化
line

のらりくらり


by pika_No1
line