<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


活用

2ヶ月ほど前会社の研修に行きました。
珍しく、一般職OL向けのセミナー。
一般職、て雑用係的な部分が多く、自分が主体になって動くというより
営業さんや上司のサポート的な役割が主。
なので、会社の中で「自分」を見失わないためにはどういう心構えで
仕事に臨んだらいいか、みたいな、ちょっと画期的なセミナーでした。

その時の講師の先生がこんな話をしていました。

どこかの中学校にキレやすい男子生徒がいまして、一度キレると
自分をコントロールできなくなり、学校中の窓ガラスを割って大暴れする癖
のある少年でした。
カウンセリングに通って、カウンセラーに言われたことは
「ガラスを割るのはやめないでもいい。ただ、割る前に、
『よし、俺はこれから学校中のガラスを1枚残らず絶対に割ってやる!!!』と
自分で自分に言い聞かせてから行動してみなさい。」
といわれたそうです。
その1ヵ月後くらいに再びカウンセリングに来た少年。
「ガラスは割りましたか?」
「・・・いや、先生、あの日以来、割らなくなったんです。割れないっすよ。」

人の心の中には様々な性格を持つ「メンバー」がいるそうで。
切れキャラだったり、優しいキャラだったり、冷静キャラだったり、ネガティブキャラだったり。
で、時と場合に応じて、その「メンバー」をどう使い分けていくかを決定する
リーダー的な役割を果たすキャラがいるそうです。
つまり、この少年の場合は、心の中のリーダーが「今の状況を本当にこの
キレキャラで対処するということでいいんだな?」と判断させる時間を作ることで
この少年は、「いや、この場合はキレキャラで解決するのは無理だろう」と判断し
キレキャラは抑えられ、ガラスを割らなくなったそうです。

これを使って最近、「会社行きたくないキャラ」を何とか抑えています。
今週は朝起きたときにどうしようもなくだるくて。
休んでしまいたいな・・・と一度布団に戻るのですが、
「対して体調も悪くないのに、怠けキャラをここで前面にだして一日罪悪感に
とらわれながら過ごすという判断でいいんだな?新人はそんな私の素行を
見て育っていくが、それでも休むという選択をするのだな?」
と確認をしてみて。
気付いたら体が勝手に出かける準備をしていました。不思議なものです。

人の心にはいいキャラもいれば悪いキャラもいて。どっちかだけというのは
ありえないんですよね。ただ、悪いキャラが前面に出てしまうときもある、
ていうだけなんですよね。良いキャラがないという訳ではない。
心のリーダーが上手い具合に良いキャラを前面に出してあげるように
ちょっと鍛えればいいだけなんですね。

あと一日。今月は何とか休まないで出社したい。
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-30 00:13 | 脳内雑貨

今更ながら

異動が決まりました。別に希望を出したのではなく、
前々から水面下で決まっていたみたいです。
異動先は、本体の採用とか福利厚生とかを行っている
関係会社。といっても、同じビルの中にあるので
勤務地は変わらず。
業務も、その関係会社の業績管理をする部署にいくので
数字を扱う仕事という点では変わらず。
1月から移ります。

というわけで、今の部署ではますます暇に。
どうせ異動するから新しい仕事は渡せないので先輩や
上司からの雑用もぱったりなくなり。
新人さんに引き継ぐための資料をぽつぽつと作りながら、
のらりくらりと過ごしています。

その分新人さんは急に忙しくなって「あわわ、あわわ」。
でもすごく勘もよくて憶えも早い子なのですぐに慣れるでしょう。

そんなわけで、仕事は暇なんだから、
せめてちゃんとした生活をしよう。と思いまして。

料理本を買ってみました。
f0033997_23525399.jpg

冬はやはりあったかい煮物が食べたくなるなる。
肉じゃがから始まり、簡単にできる煮物レシピがたくさん載っています。

今日は「里芋と豚肉の味噌煮」。
f0033997_23531273.jpg

しょうががきいていてとてもおいしかったです!
やはり本をみてちゃんと作るとおいしいんですねえ。調味料の量も
今までより全然少なくてもちゃんと味がしみます。

今までのなんちゃって料理をちょっと反省して、しばらくは
本で学びます。
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-26 23:53 | 脳内料理人

レパートリーを

晩御飯のメニューのレパートリーを増やしたくて。
色々試しています。

昨日はひじきの煮物を作りました。
ひじきって、いちいち水で戻さなきゃいけないから
面倒な食べ物だと思っていたのですが、
以前テレビで、「ものぐさ主婦のための手抜きレシピ」が
紹介されていました。

鍋でお湯を沸騰させて、ひじきをいきなり煮る。

なんて画期的。
煮えてふやけたらお湯だけ捨てて、
そのまま他の具を鍋に入れて煮れば完成♪
しかも水で戻すよりその方がふっくらおいしく
仕上がるんですって。

面倒くさがりの私は、ひじきの鍋に
炊いておいた米をぶち込み即席ひじきご飯。
味がごはんにしみておいしかったです。
更に、教えていただいた「柚子胡椒」を混ぜて食べてみたら
もうおいしくて。おかわりしてしまいました。
f0033997_23225787.jpg


そして今日は、かぼちゃグラタン!
これも会社の同期に手抜きレシピを教わり、
鍋一つで調理は済みました。
ホワイトソースって、ダマにならないように作るのが
大変と言いますが、全然平気でした。
f0033997_23383198.jpg


具を炒めたフライパンに直に牛乳を入れ、弱火にして少しずつ
小麦粉を加えただけ。少し煮詰ってきたら出来上がり。
あとはチーズを乗せてオーブンで15分ほど焼けば完成。

お手軽料理、もっと探せばありそう。
楽しくなってきました(^^
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-20 23:38 | 脳内料理人

栄養補給中

真面目に、無茶はせず、堅実に、平凡に、安全に。
それが一番幸せになる近道だと子供のころから
母親に教えられてきましたが、それだけでは決して
幸せになれるとは限らないと痛感したわれわれ家族。

なので、最近は母も
「人生長いんだし、なんでもやってみたらいい。
後々、その経験や努力は思いがけない形で必ず人生を助けてくれるから。」
と、言うようになりました。

「年をとってから、あの時私は何をしていたんだろう、と
後悔することほど悲しいことはない。」

だから、少しでも興味を持ったなら、思い切って足を踏み入れてみたらいい。
いざとなったら家族がいくらでも助けてあげるんだから。

姉の離婚と私の病気を期に、家族がお互いを大切に思いあうこと、
想いあっていることを表現することに、ためらいも恥ずかしさも
なくなってきているわれわれ家族。

家族といると、一人じゃないと実感できて嬉しい。
支えられているだけじゃなく、支えているのだとも実感できる。
存在していてよいのだ、と思えてくる。

足を踏み入れてみます。
[PR]

by pika_No1 | 2007-11-18 00:00 | 脳内雑貨

食に夢中。

『彼女』が昨日遊びに来てトマトシチューを作ってくれました。
これが絶品。
私は何を作るにしても味付けがいつも極端で、しょっぱいか無味か。
彼女のように優しい味付けができるようになりたい。

今夜はシチューの残りを使って、
リゾット?パエリヤ?もどきを作りました。
生の米をバターで炒めて、ちょっとブイヨンスープを足して少し煮て。
シチューの残りを加えてコトコト・・・・・・・。
f0033997_22485086.jpg

おいしかった!

そしておやつも。
数ヶ月に一度、猛烈にチョコレート菓子を欲する期間がありまして。
今その期間。
f0033997_22495782.jpg

何故か会社帰りに頭の中に「森永 パックンチョ~♪」
の「なつかCM」が流れ出し、スーパーでこれだけを衝動買い。

高カロリーな夕食でした。でも幸せ♪
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-15 22:54 | 脳内料理人

色々あるのね

昨日見たテレビ番組で。

車椅子の夫と、もとパニック障害の奥さん。
途中から見たのでどういう馴れ初めかはわかりませんが、
文通をしながら愛をはぐくんだとか。
自殺未遂を繰り返すパニック障害の彼女に車椅子の彼が会いにいき
励まし続け、そのまま自分の実家につれて帰り、そこから7年、
彼女の病気克服に彼が必死に付き添ったそうです。

最初は彼の実家の両親とも目もあわせることが出来ず、話すことも
できず、夜ごと死にたいと叫んで発作を起こす彼女。
しかし車椅子と健常者でペアを組んで踊る車椅子ダンスと出合った彼女は、
その面白さに魅了され練習に打ち込むことでパニック障害を克服。
さらに彼女は介護士の資格をとり、働けるまでに。

すると今度は彼女が逆に彼を支える側に回る。
車椅子の彼にも出来る仕事があるはずだ、働くべきだ、と励まし支える。
彼は考えた末、二種免許を取得し、障害者専用タクシーという
事業を立ち上げた。彼は障害者の介助は出来ないので、それは介護士
免許を持っている彼女が引き受け、二人三脚でタクシー事業を起動に乗せた。

障害者の方に少しでも快適に乗ってもらうために、
運転技術を磨くことが目下の目標の彼。
ダンスの腕をあげて、現在全国3位⇒優勝を目指す彼女。

力いっぱい生きているのが伝わってきてため息が出ました。
人間の持っている弱さと強さははかりしれない。

ふとした拍子に落とし穴に落ちてしまって、抜け出せずにもがき苦しむ。
世界はこの落とし穴の中が全てだと思って絶望したり。
だけど世の中には、外への扉を見つけさせてくれたり、穴から
引っ張り出してくれたりする人やモノが存在するんですよね。
彼女にとっての旦那さんだったりダンスだったり。

力いっぱい生きたいものです。
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-13 22:46 | 脳内浄化

相変わらず

寝つきが悪い。

悪夢が止まらない。
色々見まして疲れます。
先週、周囲に話したら、心配してくれたオケの後輩が
気分転換にご飯でも食べに行こうと誘ってくれました。
なんて優しい後輩。道端でホロリときました。
友人には恵まれています。

オケの同期の女の子ともこの間食事をして。
悪夢について相談。
やたらと部屋に他人が侵入してくる夢を見る、といったら
その子も学生時代一人暮らしをしていて、一人暮らしになれた頃
そういう夢は頻繁に見た、といっていました。
一人暮らしを初めて1年くらいは、「ちゃんと一人で生活しなきゃ」ということに
神経が集中しているのですが、慣れてくると、泥棒とか痴漢とかが
気になりだすんだとか。なるへそー。
私もそんな時期なのかしら。

そんな訳で、ご飯だけでも楽しく食べよう。
米を炊いていなかったので、今日はカルボナーラ♪
おいしかった。
f0033997_21412932.jpg

[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-12 21:41 | 脳内毒素

ついに

肉じゃがに味がしみました♪

「奥様の得意料理は?」

「肉じゃが、かな。」

というコテコテの理想がある私。
そんな妄想が実現するのはいつかは知りませんが。
ていうか、単純にじゃがいも料理が大好物なので
旨い肉じゃがをじぶんで作れれば幸せなのです。

レシピを色々検索して。

水の量が今まで多すぎたのかもしれません。
あと火の強さも。強火で一気に煮すぎたのかも。
f0033997_2345732.jpg


煮崩れもせず、色もきれいにできました。
ニンジンにも味がしみました(^^
う、嬉しい。

でもちょっと甘すぎました・・・。
次回は甘さを抑え目に再チャレンジしたいです。
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-07 23:05 | 脳内料理人

謎の液体

今日、お昼を食べて部署に戻ったら、
先輩たちがゴミ箱を持ってわーわーと駆け回っていました。
何をしているの?と思ったら。

天井から急に水漏れ。

黄色い水がボタボタボタボターっ、と結構な勢いでもれています。
雨も降っていないのに、なんなの!?

この部屋の上は・・・・・げ。食堂・・・。

食堂のおばちゃんたちが何か大量に水を流したのじゃないだろうか。
とりあえず、急いで総務に電話し、調べてもらいました。
でも、原因は不明。天井裏は配水管が通っているわけではないようで。
そのうち、水もれは自然に止まりました。
なんだったのだろう。

f0033997_22493088.jpg

↑せっせとゴミ箱を水受けとして並べる上司。

f0033997_2253067.jpg

↑プリンターに水がかからないように青いビニールシート。
 殺人現場の検証みたいでおもしろかったです。
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-06 22:54 | 脳内雑貨

はまり中

柚子胡椒に最近はまっています。

柚子胡椒パスタをきっかけに、何でもかんでも柚子胡椒。
だって、柚子胡椒って、瓶で売っていて、一回の料理に
使う量ってわずかだし、封を開けたからには早く使い切ったほうが良いし。

昨日は「彼女」が家に遊びに来たので、二人で楽しく鍋をつつきました。
寒くなってきたので鍋は最高~(^∀^)
ポン酢のなかに柚子胡椒をたくさん入れて食べるとおいしい♪

今日は会社の同期に教えてもらった「柚子胡椒のきんぴら」。
普通のきんぴらに、醤油の代わりに塩と柚子胡椒。
一味違った、さわやかなきんぴらが楽しめました♪

他にも色々レシピ開拓したいなあ~。
何か素敵レシピあったら、皆さん情報提供お願いします!
[PR]

by Pika_No1 | 2007-11-04 22:40 | 脳内雑貨
line

のらりくらり


by pika_No1
line