<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


何度見ても

結婚式は素敵ですなあ。
同期がまた一人、結婚しました。とうとう、同期の一般職で
未婚なのは私一人。あいたたたー・・・。

ま、いいんだけど。よくないんだけど。

花嫁姿はやはり美しく見えますね。そう見えるように
何ヶ月も前からエステ行ったり、ドレス選んだり、本人は
死に物狂いなんでしょうけど。

エステの甲斐あって、彼女は背中が猛烈に美しかった。
いったいどんな手法を凝らしてあんなきらびやかな背中を
作り出したのだろう。
披露宴で同じ卓にいた会社の上司が、最初から最後まで
「あいつの背中はあんなにきれいだったのか!」
と絶賛しつづけ、しまいにゃ母親にちょくせつ
「お嬢さんの背中本当にきれいですね!」
とわざわざ言いにいっていた・・・。ばか。
おかげでお母さんに
「あの上司はエロい」と思われている。

料理もおいしかったなあ。なにせフォーシーズンですから。
どっからそんな金が出てくるんだろう。フィレ肉最高ー。

まあなによりも幸せそうな同期の顔を見て、純粋にこっちの心も温かく
なりましたよ。他人の幸せを見て自分も幸せになれてる自分にちょっと
驚いたけど。

私はいつ皆に幸せな顔を披露することが出来るのだろーう。

でもまずは自分らしく輝きたい!!
これ最近の一番のテーマ。がんばるぞい。
[PR]

by pika_No1 | 2006-04-22 23:41 | 脳内雑貨

同期の話

昼休みに食堂行ったら浮かない顔の同期(女子)。
「どうしたの?またダンナと喧嘩でもしたの?」
そう、彼女は1年前に結婚したばかりで、結婚当初は
お互いなれない生活で毎日喧嘩していて、3ヶ月で
離婚を考えたほど喧嘩の耐えない夫婦。

同期 「喧嘩じゃないんだけどさー、このあいだダンナの両親が
   ウチに遊びに来たのね。それはいいんだけどさ、お土産もって
   きてさー・・・。」

私「なになに、なに持ってきたの?」

ちなみに結婚が決まって挨拶に行ったときは、和紙で作った鳥の置物
くれたらしい。扱いに困って実家に預けたら押入れに押し込まれて
ぐしゃぐしゃになってるみたい。和紙だからねえ・・・。
今度は何かしら?ぷぷ。

同期 「日本人形」

私 「ぶはー!なんで?なんでいきなり日本人形なの?」

どうやらダンナの父親は、親族で日本人形屋を営んでいるらしい。
でも別に父親は職人でもなんでもないのに、最近自分で人形作りに
はまって、手作りの人形持ってきてくれたそうです。

同期「しかもさー、雛人形とかならまだかわいいし許せるじゃん?違うんだよ。
なんか金太郎みたいなひし形の布をお腹に巻いて変な帽子見たいのかぶって右手に棒かなんか持って振りかざしてる子供の人形なの~。もう全っぜんかわいくないのぉ!目細くてさー。

さらに両親はショックを受けている彼女をよそに、どこに飾ろうか家をうろうろ
しはじめて、勝手に玄関に飾る事に決めてしまった。

真心は嬉しいけど、普通に考えて、金太郎の人形を20代の女が喜ぶと
思うのか?しかも人形ってかさばるじゃんねー。マニアじゃない限り、
一番困るお土産だよ。

同期「せっかく新居に越してきて自分なりにインテリアの理想があって、
    色々買い揃えたのに、入り口にいきなり「金太郎まがい」だよ!?
    うち和室ねえし!もうすっごい嫌だけど何せ手作りだから、
    お父さんに悪いしどかすこともできないし・・。」

でもダンナは彼女のテンションの下がりっぷりを感じたらしく、親が帰った後、
玄関じゃなくて良いから二階の部屋の片隅にでもおいてやってくれ、と頼んで
きたので、喜び勇んで二階に撤去したそうな。


職業柄、プレゼントといえばそういうものになってしまうのだろうか。
でももうちょっと何か考えてほしいねー。
結婚したらしたで色々気を遣うことがあってたいへんやねー。
[PR]

by pika_No1 | 2006-04-11 23:55 | 脳内雑貨

あいたー。

薬の量が増えましたん。
今までは抗不安剤だけだったのが、抗うつ剤もプラスされました。
以前にも書きましたが、とにかく気分の浮き沈みが激しい。
特にやはり平日会社に通っているときは、言いたくないけど
このまま電車に飛びこんだらどうなるだろう、とか、赤信号
わたってみようかな、とか考えちゃう瞬間があるのですよ。
パニック症状も、こんな気分のどん底状態が続いていると
動悸と呼吸困難が始まるわけで。

てなことを今日診察日だったので先生に伝えたら、
「うーむ、単なるパニック症状だけではないみたいだね。
うつの状態にあるのかもしれないね。」

確かに。

先生によるとパニック障害も、うつ病も、原因は同じとのこと。。
どちらの場合も脳内のセロトニンという神経伝達物質がうまく
神経に伝わらない(足りてない)状態なのですって。
しかもセロトニンは代謝により、体内に戻ってしまう分もあるので
抗うつ剤は、セロトニンが体内に戻らないよう制御して
神経に伝わる量を確保する薬だとか。

ひとつお利口になりました。

まずは2週間分もらいました。ただし、即効性はないので効果がでるのは
10日以上すぎてからだとか。しかもその間は副作用で胃腸に負担がかかる
らしい。ひいー。

家族にも一応報告。母親は薬が増えた事に困惑気味。でも病気なんだから
仕方ないのです。そしてなんで私がこんなに「うつ状態」になる必要が
あるのか不思議でたまらないらしい。

自分でもわかりませんさー!ただ、自分らしさ、とか自分の意思、とか
人生の方針、とかがまるでないことにものすごい罪悪感と不安と劣等感を
抱えているのは確か。友達は仕事に対して夢を持っていたり、こういう風にしたい、
とかこうしたらいいと思う、とかポジティブに取り組んでいる。
私は仕事に対してそこまでの積極性がない。

でもそれなりにOLやって、家にお金も入れてて、週末は趣味に没頭して・・・。
はたから聞けばなんの問題も無い普通の生活できてるじゃない、
という感じらしいのですが、どうも自分の中では
「もっと皆みたいに格好良く生きたい!」という変なプライドだけはある模様。
だけど総合職でバリバリ深夜まで働く勇気も無いし脳みそもおいつかないし
追いつくために勉強する気力も無い。

要は単なるわがまま。。。

そして何よりそろそろ結婚適齢期も過ぎかけている段階で、恋人すら
いないことに猛烈に焦りと劣等感が渦巻いている。
友達はどんどん結婚して子供まで産んで育てて。私はいつまでたっても
パラサイト。こんなハズじゃない!!一生こんな灰色の人生が続くのか?!
一人ぼっちで生きていかなきゃいけないのか!?
そんな心配とか焦りとか認めたくないという思いが重く心に沈んでいる。

皆と違う、ということに過敏になりすぎている。

「だけど、毎日そんな考えても仕方の無い心配ばかりしてすごしていたら
結局人生全体がそういう積み重ねになって終わるわよ。人生なんて一日の積み重ね
なんだから、毎日小さなことでも喜びを見つけて笑って過ごせば、そういう一日の
積み重ねで、人生全体が笑顔に満ちたものになるのよ。」

母親の一言。ごもっともでやんす。

今の生活は味気なく、立派なものではないが、何をそんなに私は立派になりた
がっているのだろう。自分でも不思議。周りに「すごい人、出来る人」と
思われたいだけ?実際はそんなに仕事だってしたくない、今の生活が
本当はベストのはず。だけど周りに「そんなんで生きてて楽しいの?」と
思われるのが怖くて焦っている。

人の目を気にしすぎ。やだねーもう。
[PR]

by pika_No1 | 2006-04-09 00:46 | 脳内診療所

どうでもいいけど

寒い。毎日寒すぎる。

我が家は東京ととはいえ、かなり西のほう。
駅からもバスで20分かかる結構な「陸の孤島」。

どんなに日中が暖かくても、早朝は真冬のときとたいして
気温がかわらない。
しかも勤務地が銀座なので毎朝5時に起きないと間に合わない。
だから冬なんかね、家出るとき月とか星とかでてるし。
朝じゃないよ、まだ夜のうちに出勤ですから。

でも銀座につけば華やかなOLさんたちが春の装いで
さっそうと歩いているわけで。
なのでどんなに朝寒くても、あんまり厚着が出来ない。。。

つらい。出来ることならダウンジャケットにマフラーまいて、
ロングブーツで出社したい・・・。

しかも駅までバスなんですけど、暖房ついてないの(怒)
ちょっと前まで、バスの中で吐いた息が白くなってビビリました。

なぜ?なぜ暖房をつけないのですか?

経費削減?温暖化防止?なんでもいいけど運賃払って乗っているお客様にそれらの負担を強いるのはどうかと思うのよ。
経費削減したいなら自分達の給料削ってくれよ。
温暖化防止するならせめて日中のあったかい時間の暖房費を削れよ。

と毎朝心の中で悪態ついているのです。
だって寒いの大嫌いなんだもん。もん。もん。
[PR]

by pika_No1 | 2006-04-04 22:34 | 脳内雑貨
line

のらりくらり


by pika_No1
line