<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


いただきもの③

こんな元気を会社の人からもらいました。
思った以上に心に栄養補給。

さんきゅう~。

「へっぽこ早見表」
「へっぽこ早見表②」
「へっぽこ早見表③」
「へっぽこ早見表④」
「へっぽこ早見表⑤」
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-31 23:59 | 脳内浄化

眠り姫

です。私は。とにかく眠い。会社でも眠くて仕方ない。
仕事が無いから余計に辛い。
メールを送ろうとしたのだが、キーボード打ち始めると眠りに
落ちるので、「いつもお世話になっております。」
の一行書くのに10分くらいかかった。

「いつもおsrになってまそ。「
「いつもおせわになってばし・」

「いつも」以降に行くまでに眠りに落ちて、気付くとこんな文字が配列
されているわけですよ。やばいったら。
ちょっとトイレ休憩でもして頭冷やそう。

トイレでの休憩術(お昼寝)
1.便座のふたをしめて椅子みたいに座る。
2.トイレットペーパーの付いているところに肘をおく。
3.おいた肘を枕がわりに頭をのせて
いざ爆睡
図にするとこんな感じ。
f0033997_231103.jpgただし、長居すると腕しびれるし、上司にサボっているのがばれるので
滞在時間 5分。

結構これで頭すっきりするときもある。でも席に戻るとすぐまた眠く
なるんだけどさ。
あー、明日もがんばろ。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-30 23:03 | 脳内雑貨

波打つ

フルートコンサート聴きに行ってきました。
私の習いに行っている先生のコンサート。
小さな部屋を貸切ってのサロンコンサート。

心が震えました。

何を表現したいのか。何を伝えたいのか。
それが音色に凝縮されて放出される。

先生はプロなんだからこれは責務ともいえるのかもしれないが、
演奏した曲を「素敵な曲だな」「私も演奏したいな」と思わせることが
できるって本当に素晴らしい。
それでも終わったあとは「あー!あそこはもっとこういう風に本当は
やりたかったの!!もう超悔しい!!」と生徒に対しても素で愚痴る。
先生のエネルギー、表現力、前進していく強さ、全てに感動した。

以前雑談をしたときに、先生が高校時代に通っていたレッスンの先生が
めちゃめちゃ怖くて、毎回玄関のインターホン押す手が震えた、と
言っていた。
「そんなに怖い先生のもとで、やめたいと思ったことはないんですか?」
私はきいた。

「でもね、怖い思いしても、練習して一歩ずつ前進していくのが実感できたから
 やめようと思ったことはなかったよ。」
前進する力、前進した事に気付く力。自分の心と自分の音に先生は常に
向き合ってきたんだな。

私はこんなに素敵な人のもとで教えてもらっていたんだ。
よく先生はレッスン中に「どういう風に吹こうとしているのか、恥ずかしいくらいに
大げさにやらないと聴いている人には伝わらないよ」
と言っていた。先生は教えるときも体全部を大きく使って教えてくれる。

そもそも私は何をしたい?何を表現したい?音楽に限らず生きていくうえで。
先生のコンサートを聴きながら自分の心に問いかけ続けた。
でもわからなかった。そこまでの想いが無いのかもしれない。
確かに自分の演奏の録音を聴いても、ただただ平坦。今の生活もそう。

でも吹いているときだけは、レッスンを受けているときだけは無心に
なれる。病気のことも忘れている。今の私を支えているのは確実に
音楽だ。

自分の音に「何を伝えたいか」が表現できたとき、私自身もきっと
大きく成長するんだろう。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-27 23:10 | 脳内浄化

体力消耗・・・

今日はなんだかあっちゅーまの一日でした。
風邪気味なので午前中病院に行き、
11時半ころ帰ってきたら、甥っ子と父がバーベキュー
のセットをあけている・・・。

「これから焼き芋つくるんだよお!!」

ほほう、そうですか。・・・あ、隣の家の子が興味深そうにこちらの様子を
伺っている・・・。
すかさず甥っ子は、
「これから焼き芋つくるんだよお!!あやちゃんもおいでよお!」

勝手に呼んだ。おーい、そんなに芋ねえぞ。なんですぐそうやって他人を
呼び込むのかお前はー。まったくもう。
でもついでだから肉でも焼いて、昼ごはんはバーベキューに
してしまおう。

最初は遠慮がちにしていた隣の子(あやちゃんというらしいのだが)も、
食べだすと、素になる。

「もっと芋ないの?」

よく食うなあ・・・。大人が食べている暇がない。
バーベキューって、おいしそうなイメージあるけど、結局野菜とかってほとんど
炭になっちゃって、食べた気しないんだよね。汚れるし。

食べ終わると、子供達が「遊んで」攻撃。
いーやーだー。眠い!
ふとお向かいさんを見ると、子供たちが外で遊んでる。やつらに押し付けよう!

「ほーら、お外でお友達と遊んでおいでぇ~、面白そうなおもちゃもってるよぉ。」


外に向かって散らばっていく子供達。やっとゆっくり出来る・・・と思ったら
既に午後2時。おーい、夕方からオケの練習なのに、ゆっくり出来ないジャン。

ふらふらしながら練習へ。でも楽器を吹き出すと楽しいっすわ。
新しい楽譜も届いたし、皆で初見アンサンブル。 ⇒落ちまくり、止りまくり。

学生のときは何時間練習してもさほど疲れを感じなかったのに、
みんなげっそりふらふら・・・。
「もう、やめません・・・?お腹も口もへろへろでふけませ~ん」
泣きをいれた後輩の言葉にみんな便乗。気が付けばもう夜の9時半です。

帰りにあまりの空腹に耐えかねて、ラーメン食って帰りました。
これって充実しているといえるのか?まあ、楽しかったから良いか。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-25 23:50 | 脳内雑貨

今日は駄目

ほんとに日によって気分がガラッガラ変わる。
自分でも驚きだし、何しろ疲れる。

先日の「スーパーひたち」3時間立ちっぱなしのせいで
見事に風邪を引いた。
体調を壊すともうアウト。一気に滅入るし、全てが嫌に
なってくる。

会社でも必要以外の会話をしたくなくなってしまう。

何しろ精神状態がもともと不安定な時に体調崩すと
やりきれん。この世で自分が一番不幸みたいな気分に
なってくる。なんなんだろね、この自虐精神。

でも離人はここ数日起きていない。先生の言葉と、茨城旅行で
気分転換したおかげだろうか。すごくありがたい。

気分の波は未だに消えないが、確実に落ち込んだり不安になる
サイクルの幅が広くなってきているので、進歩進歩。

「一日一日を無事過ごせていければいいんじゃないの?」

母親が言ってくれた言葉。
そう、何かにつけて私は先のことまで心配しすぎる。

今日も帰りのバスで杖をついているおばあさんを見て、
「あー、いつか私もああなるときが来る。そのとき頼れる人が一人も
いなかったらどうしよう。今は父も母もいるし、姉も戻ってきてるから
家の中が賑やかでいいけど、恋人もいないし結婚の当てもないし、
このまま一人だと、父も母も姉も先に死んでしまうし、残された私は
どうすればいいんだろう・・・。」

はたから聞いたら、「なーにをそんな先の、まだどうなるか何にもわからない
うちから心配ばっかりしているんだ!!」と驚かれるだろうな。

でも子供の頃から私は異常なほどに心配性。常に悪いことを想像して
一人で不安がっている。
でも悪いことも想像し続けていると、そうなってしまうんですよね。
無意識にそっちの方向へ自分で動いてしまう。
だから、どうせ考えるなら良いことだけを考えたいところ。そうすれば
自然と良い方向へ動くんですけど。

なかなか難しい。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-23 22:21 | 脳内診療所

口裂け~

姪っ子(2歳)の唇が裂けたー・・・。
自転車に乗っていて、顔面からズッコケタ。
下唇がぱっくり縦割り。いたそう~(泣)

救急車で病院にいったものの、外科の先生が
今日はいないらしく、電話で連絡をとっているのだが、

「ええー、僕は縫ったほうが良いと思うんですけど・・・
 はあ、はあ、そうですか・・・。」

手術してくれる先生がいない模様。

「じゃ、薬つけときますね」

があ!それで終わりかよ!!お前は縫う必要があると思っているほどの
傷なんだろ!?

結局、唇になにやら薬を塗って終わり。紫に腫れ上がる唇。
しかも姪っ子は生まれつき「血管種」という病気が口に出来ている。
皮膚の毛細血管が以上に増殖して腫れ上がってしまう病気。
なのでもともと下唇の左側がデキモノのように真っ赤に腫れてる。
その上こんな怪我して・・・。女の子なのに可哀想。

しかも子供だけに何かにつけてすぐ泣くから、割れた傷口がすぐに
裂けて出血。更に血管種の腫れが気になるらしく下唇と下あごを
前に突き出して泣く癖がつきはじめて、骨格もおかしくなり始めている。

だから泣き出した時は、
「ああ!泣いてもいいけど、アゴ出さないで!!!」

泣いた内容をなだめるよりも、大人たちの気持ちはアゴに集中。
姪っ子も、「あ、あご!!!???」
て感じで泣く事に戸惑ってる。おもしろい。

にしても子供は怪我や病気がほんと多い。何とかすくすく育って欲しいもの。
ってなんで私がこんなに心配せにゃならんのよ。
自分の将来すら真っ白なのに。
そろそろ心をつなぎ合える恋人と出会って、自分自身の幸せをつかみたいものよ。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-21 21:17 | 脳内雑貨

どんな人でも

なれないことをする時はブザマで一見格好悪い。
今テレビで「ウリナリ社交ダンス」見てて思った。

どんなにベテランの芸能人でも、政治家でも、
今までの人生の中で経験したことないことに突然
チャレンジする事になったとき、少ない時間を縫って
必死に練習を積んで、足を痛めてマメを作って、疲労に
絶えて特訓しても、
初心者というレベルではやはりみっともない姿をさらす
ことになる。

「格好悪いけど、超かっこいい!」

と素直に思った。普通ならできないよ。
自分のたどたどしい踊りを電波に乗せて日本全国
にさらけだすことになるのに。

芸能人だから当然といえば当然だけど、
そういうことをさらけだしても、恥ずかしいことをもろともせずに
全力で取り組める人だからこそ、芸能界で生きていけるんでしょうね。

全力で生きてる人はカッコ悪くてカッコイイ。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-21 20:53 | 脳内浄化

一ミリづつ

前進していると言えるのかな。

旅行にいく日の午前中、病院にてカウンセリング。
たいした話はしませんけど。
病院に入ると自然と心が落ち着く。日当たりの良い
待合室に、大き目の水槽があって、小さな熱帯魚が
チロチロと泳いでいて、なんとなく和む。
かかっている音楽も大きすぎず小さすぎずの程よい
音量で、クラシックがゆったりと流れている。
オーケストラやっている身としては知っている曲が流れて
いて心地よい。

カウンセリングの内容はいたって単純。
「その後どうですか?」
丸顔の優しい先生が世間話をするように聞いてくる。

「離人感というのがどうしても抜けないんです。」

そう、仕事や趣味に集中していれば平気なのに、一人になって
気が緩むとすぐに離人の症状がでてくるのが最大の悩み。
気持ちは一気に沈み、心拍数は上がる。なんでいつまでたっても
治らないんだろう!とイライラしたり。
「離人症」であることにものすごいストレスを感じる。頭が狂い始めて
いるのかも、と不安で仕方なくなる。
でも・・・

「それはね、ものすごく用心しちゃってるんだね。
                    常に身構えているんだよ」

ほー・・・。「離人」があっての不安というより、
いつまたおかしくなるんだろう、今の私の精神状態って正常?異常?
と常に自分を厳しくチェックしすぎるあまり、不安がつのって離人に
つながる。
なんだか先生のその一言ですごく納得。自分が離人症であるという
ストレスからだいぶ解放された。

薬は今までどおりのものを使い続けます。これも「薬を飲んだから大丈夫」
という安心感をえるためのものなので、ほんとに薬としての効き目は
無いに等しい程度のものだそうだ。

友達にこんな話を聞いた。
よく、お年寄りが夜になると不安で眠れない、と病院にやってくる。
だから医者は「これはすっごくよく効く薬で、絶対安眠できますよ!」
とカプセルを渡す。でもこのカプセル、中身はただの砂糖のかたまり。
ところがそれを飲んでから、そのお年よりは毎晩ぐっすり眠れるように
なったそうな。そして薬がなくなると、「あの薬よく効いたわ~!また
処方してちょうだい!」とやってくるんだそうな。

病は気から、とはよく言ったもの。気の持ちようでなんとでもなる。
でも見方を変えれば、気持ちは生きる源。生きるかどうかを決めるのは
その人の気持ち・心ですから。その心が病気になったら、
しっかり治さなくちゃ。

自分を責めることはもうしない。今まで散々恋人や会社で、理不尽な
責められ方をし続けられたので、自分は欠陥人間だと思っていた。
でも最近は、職場で理不尽な責められ方をしたら、しっかり反論
するようにしました。もちろんその後は気持ちを切り替えて、接し方は
明るくしますよ。
以前は、もめるのが嫌で、全部自分が悪いってことに
して済ましてきたから。それから愛想笑いも無理にしない。何をいっても
コイツは笑ってくれる、と勘違いされるから。
帰りたいときは遠慮せずに自分の仕事をすませてさっさと帰る。
あとは家でテレビ見たり、趣味のフルートに夢中になったり。

それでいいと思う。私は悪いことは何もしていない。
人生ででっかいことを成し遂げたりする人物にはなれないけど、
ちゃんと仕事をして、それなりにお金を稼いで社会に貢献している。

おもしろみの無い人間?夢が無い?ありきたりの言葉しかでてこない奴?
そうかもしれない。でも私はちゃんと生きているし家族や会社の中で
それなりに役にたっている。

それでいいじゃないか。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-21 00:35 | 脳内浄化

リフレーッシュ!

いやはや~!旅してきました。旅。タビ。
つーか今日なんでこんなに強風なのっ。おかげで常磐線
「スーパーひたち」にせっかく乗ったのに、途中で止まっ
ちゃって、水戸から上野まで3時間かかったよ。
しかも指定席取り忘れて自由席に座ろうとしたら満席だし(怒)
通路で立ちっぱなしで寒かったよぉぉ。しかも横で立ってた男
は独り言多いし・・・。
「っっ~さむー!」「っっあ~疲れる」
「(公衆電話で電車が止まったことを車が止まったと表現していた
おばあちゃんに対して)『は?車?』」 ⇒全て超小声。

今後はどこへ行くにも指定席とろう。

ってそんな愚痴はいいとして。
まずは一日目!友達(とその彼氏)は、すでに金曜から茨城入り
しているので、石岡駅で待ち合わせ。着いたのが15時だったので
この日はまったり周辺ドライブ。といっても、なんにもねえっす!
仕方なく「フラワーパーク」に花見に行こう、と行ったものの

「あ、看板あった!あそこじゃない!?」
「あ、ほんとだ。でもなんか変だよ?フラワーパークのはずなのに・・・」

花が全く咲いていない・・・

「そりゃそうだよなー。バラとかメインだろ?県花だし。
 見ごろは6月くらいじゃねえの?」 冷静だねえあんたはいつも。

しょーっく。一面枯れ木と枯れツルだらけで、茶色一色。

というわけで温室はいって、食虫植物 見てきました♪
枯れかけのウツボカズラとか。切なかった。

はやばやとフラワーパークを後にして、近場の温泉でひとっぷろ浴びて
友人の実家にお邪魔する事に。

お母さんは底抜けに明るいし、理系のお父さんは酔い出したら、聞いたことも無いような
横文字を使って、人生をグラフで数値化したらこうなる、とか熱く語りだすし、
(もちろん友人の彼氏はきっちりそのお相手を務めていました!さすが)
そして大量のおいしい料理でおもてなししてくれました。ホントニお世話になりました。

2日目~
起きたら8時半。7時におきて朝イチのイチゴを摘もうと張り切っていたのに、
昨日お母さん達と遅くまでおおはしゃぎしていたので、全員爆睡。寝坊。
でも朝ごはんもきっちりいただいて、いざ出発。
f0033997_2384150.jpg
近所のイチゴ園で食べまくりました。うまい!コンデンスミルクはいりません。
イチゴ園のおじいちゃんも得意げでした。お土産に2パックお買い上げ。
でも食べ放題といってもイチゴ食べる量って限度が低いよね。すぐに満腹。
朝ごはんガッツリ食べた直後だし。てなわけで目的① 達成~!

はい次、メインの偕楽園!
最高でした。つーか物凄く広いのね。心配していた雨もふらず、青空と梅の
組み合わせがとって美しかったですよ。個人的には白い梅より赤い梅のが
好きです♪
水戸黄門の好文亭からの景色もしっかり見ましたよ!池がきらきら光って
周りは梅いっぱいで(かなり満開に近い状態!)。しかも
こういう景色がもともとあったわけでなく、こういう眺めにしよう、と決めて
作ったっていうんだから「すげえ~」の一言です。ほんとアートでしたよ。
f0033997_23101182.jpg

かなりの距離を歩いたはずだけど、ゆっくり梅を堪能しながら、ほのかな香りを
楽しみながら歩いたので、ちっとも疲れませんでした。癒された~。

ま、強風だったけどね。撮った我々の人物写真は全て乱れ髪です♪
唇ムラサキです♪♪でもピースです♪♪♪

そんな訳でかなりリフレッシュな土日でした。帰りの常磐線運転見合わせさえ
なければ・・・。
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-19 23:23 | 脳内雑貨

偕楽園

明日から茨城に遊びに行ってきます。

目的:①イチゴ狩り ②偕楽園で梅見

茨城出身の友達がいるので、実家に泊めてもらいます。
お世話になってすみません~。

会社の同期に
「偕楽園いくんだー」 と話したところ、

「か、快楽園?!」

やらしい想像。ちがうっつーの。

そんなわけで久々の小旅行でちょっとウカレテマス。
旅行用バッグも買っちゃったりして。
でも意外に高いのね。ちょっと名の知れたメーカー(ブランドっていうの?)
で、春らしいピンクのかわいいのがあったから、値札をみたら、

「14,000円」 

いちまんよーんせーんえーん!? 

ちょっとボッタクリに近いんじゃないの?だって素材ただのナイロンだぜ。
信じられません。人気ブランドってだけでたんなる化学繊維の集合体が
私の一日分の労働賃金を若干上回るくらいの価格になっちゃうわけかい!

しかも今月あと3万4千円しか残ってないので絶対買えません。
ぎゃふん。
だから、どこのメーカーだかよくわかんない安物バッグにしました。
でもこれだって4,000円もしたよ。しかも黄色しかなくて、私は
小学一年生の通学児か・・。

とりあえず、明日は晴れますように。日曜日も晴れますように。
天気予報思いっきり雨だけど(泣)
[PR]

by pika_No1 | 2006-03-17 22:59 | 脳内雑貨
line

のらりくらり


by pika_No1
line