カテゴリ:脳内毒素( 58 )


-

楽しいことに目を向けたい。


天気もよい。
楽器も吹ける。
夫は寛容。
親も応援してくれてる。


いいことだらけ。
だから大丈夫。
今はすごく楽しい気分のはず。
浸っていいんだ。
すべて忘れて、今の楽しいことだけ考えて。

私は幸せですごく楽しい。
すべて上手くいく。この先も楽しいことのが多いはず。

病気はしない。
死なない。狂わない。
今まで何度もそう思ったけど無事だった。
これからも死なない。狂わない。行き続ける。
負けてたまるか。怯えてたまるか。潰されてたまるか。私の人生は私だけのもの。誰にも邪魔させない。
[PR]

by pika_No1 | 2012-05-26 17:59 | 脳内毒素

-

脳が勘違いさえしなければ。


これは発作ではない。
体調不良の一つ一つの症状を、全てパニック予兆だと勘違いする脳みそ。


これは違う。
ただの誤報。
ちゃんと今まで乗り越えてきた。

だからこれからも大丈夫。
踏ん張れる。
何も起きない。
自然に過ぎてゆく。
[PR]

by pika_No1 | 2012-05-26 00:03 | 脳内毒素

休暇

先週から発作が止まらなくなってしまった。結婚してからは会社を休まないようにしてましたが、ついに休んでしまった。
風邪や怪我のように、見た目でわかるような症状じゃないのに休むのは本当に罪悪感。自分は精神力が弱い、と責めながら、でも休む。


治ったつもりでも、こういうパニック発作の好材料になるネガティブ発想はなかなか治りません。


ベヴ・エイズベットという方の著書、『パニック障害なんて怖くない!』という本をひたすら読んでます。ご本人もパニック障害経験者なので、心の動きや体の反応などが『そう!そうなのよ!』てなることが書いてあって心強い。


『怖がることを怖がっている』
『日々のストレス、身体的変化を発作と混同してしまう』
『ありえない最悪の状態を想像して発作を引き起こす』


普通の人からみたら、『はー?バッカじゃないの?そんなのを病気だなんてよく言うよ、それで会社休むなんてただの仮病じゃん』て思われても仕方ないんですけど、こういうもんなんです。


究極のネガティブ、究極の心配症、究極の悲劇のヒロイン。


が染み付いてしまった人なんです。でもこの考え方を変えたいからこそもがき苦しんでるんです。だってこの考え方は、今まで生きてきた中の経験で備わってしまったものだから。好き好んで選んだ考えじゃないんだから。そう考えないとやり過ごせない、生き残れない状況だったんだから。長年の人生で形成された考え方を変えるのは、ぐるぐるにねじまがった鉄パイプを真っ直ぐにするようなものです。こんな苦行が一生続くのかと思うと絶望感でいっぱいになります。


頭では、皆が自分を認めて愛して慕ってくれてると理解してるのに、自分はどうせ認めてもらえないという自己否定と、ものすごく認めてもらいたい願望が感情を支配して、頭と感情が一致しないことに混乱。まるで感情を別の人間に支配されてるみたいな気になってくる。人生の中でついた、とれない染みみたいなものなんだけど。それも頭ではわかってるのに感情が、誰かが脳みそを壊しに来てる!と煽り立てて発作へ導く。


忘れたい。
すべて忘れて、日々の生活に夢中になって、笑って怒って泣いて喜んで過ごしたい。自分の精神を勘ぐったり疑ったりする概念を消し去りたい。
[PR]

by pika_No1 | 2012-05-24 15:14 | 脳内毒素

治らず

久々の更新ですが、ここに顔を出す時は、だいたい調子が悪いとき。

発作がとまりません。

離人感が頻発。

自分の一挙手一投足を、考える言葉ひとつひとつに、
もう一人の自分が冷ややかに否定的な言葉をぶつけてきます。

頭がごちゃごちゃ。
理由のない不安と危険信号で後頭部が燃えるような暑さというか寒さというか
が一日中続きます。

つらいよーーーー。
というか恐怖以外の何者でもない。

本によると、自分で創りだしているだけだから恐れることはない、て書いてあるけど。

怖いんだよ。
離人感は低すぎる自尊心が生み出すそうですね。
どうしても自分のことを好きになることが出来ない。
他人と比較して惨めになる。

どうしたらいいんだろう。
[PR]

by Pika_No1 | 2012-05-16 22:44 | 脳内毒素

強引さも必要

父からメールが来て。

頑張って働き口を探して自分で返すからあんまり気にしないで的な
メッセージ。

気にしないで、て軽いねえ。バカモノ。
とりあえず保険金殺人をする気はなさそうで安心。

腐ったときは『彼女』に聞いてもらう。
まあ自分で返すと言っているからそうさせればよいと思うんだけど
何しろお母さんが心配だねえ。うんうん。

母は今何が楽しくて生きているんだろう。
そんなこと考える暇もないくらい働きまくっているんですけど。
ああ可哀そう、お母さんはかわいそうだ、

と、言っているばかりで気付けば私何も力になってあげてない。
のんきに一人暮らしを満喫して飲み会やら旅行やら遊びほうけて。
お母さんは、自分が楽しむための旅行になんてもう何年も行っていない。
ああ可哀そう、お母さん可哀そう。

「だったら無理やりでも仕事休ませて連れて行けば?」

目からウロコ。
そうよそうよ。その通りねえ。一日くらい休んだっていいじゃないか。
仕事の邪魔しちゃいけないから、誘っても遠慮して行きたがらないから
なんて勝手に判断して、「休みなさい」て言ってあげたことないかも。
「大変だねえ・・」しか言ってないかも。

働く母を誰も止めようとしたことがない。なんて家族。なんて娘。
母の強さに家族全員が甘えて、母が何でもやってくれることを、
当たり前のように受け取っていた私たち。

『彼女』の当たり前すぎる一言に、ものすごい感銘を受ける私。
やっぱりあなたは素晴らしいよ。

乳頭温泉郷に是非母を連れて行きたい。絶対母が好みそうな場所ですもの。
実家に帰ったときに誘ってみよう。
[PR]

by pika_No1 | 2010-03-19 00:23 | 脳内毒素

胃腸が

いたーいemoticon-0106-crying.gif

最近外食が多く、お酒を飲む機会も多いからそのせいかしら。
昨日くらいから、ふとした拍子にキリキリと。

ここ数年、オケの慣れ親しんだ友達ばかりと過ごすことが多く
緊張感のない交流関係を築いていたのですが
最近会社の新しい仲間というか、知り合いになった人と出かける機会も増えました。
社交性を身に着けるためにも誘われたら出かけるようにしているのですが
ものすごく気疲れ・・・。

すごくいい人だしこちらに好意を持って接してくれるのもわかるのですが、
私は、いちいち人と親しくなったりその人に慣れるのに時間が掛かりすぎる。
一日一緒にいると、「はやくおうちに帰りたい・・」が頭を支配してしまうんですよね。
すごくいい人なのですが、相手がこちらを親しい目で見始めた瞬間に怖くなります。
特に男性。重い・・。私はそこまで心をまだ開けない・・。
心を開くペースが皆速すぎる。でもこれが普通なんですよねえ。

男性が苦手。

いや女性も苦手なんだけど。でも男性との人間関係の築き方は面倒で
生涯の悩みの種。


小柄の弊害。

私は149センチ。背の高い女性には「小さい子はモテるから羨ましい」
と言われますが。ペット的扱いをされるのでそれなりに屈辱も味わいます。
相手は愛でているつもりなんでしょうけど、特に私は「頭を撫でられる」
という行為にものすごくストレスを感じます。何でかわからないけど
頭を気安く触る人には敵意を抱きます。
でも、位置的に叩きやすかったり撫でやすいポジションに私の頭があるんでしょうね。
でもね。犬じゃねえんだよ、子供じゃねえんだよ。と思うのです。
これも男性が多い。親しくなりたいという表れなのか。でも、そのおかげで
好きになるものもならなくなってしまう私。

幼少期の恐怖

早い話が、変態に誘拐されかけ乱暴を受けた経験があります。
でも素直というかバカだった私は「声を出すな」「誰にも言うな」という
変態の言葉を鵜呑みにして、終始無言で堪えていた。おかげで殺されることも無く
無事家に帰してもらえたのですが、誰にも言うなというので親にチクリもせず、
ことの重大さもわかっておらず。のほほんと過ごしていました。
味をしめた変態は数日後再度訪れて、これまた馬鹿な私は「ついて来い」という
言葉を素直に受け取って、またついていってしまいました。
あまりにも意味がわかっていなかったので、年頃になるまで記憶から消去していました。
が、恋人ができて相手が自分の手を握ったとき、変態兄ちゃんの顔が鮮明に
浮かんできました。いわゆるフラッシュバック?
というわけで基本男性に恐怖を抱いてしまうのですね。それを克服したくて
若い頃は手当たり次第に男性と付き合ってみましたが、相手に対して愛情があるわけでもなく
「人並みに恋人というステータスを手に入れたい」という浅はかな目的のために付き合うので
長続きするわけも無く、ただの哀れな男好きとして周囲に評価されただけで疲れてしまった。
とりあえず恋人でもないのに気安く体を触ってくる人が大嫌い。

さかのぼると根本的に男性を敵視してしまいやすい体質に
なってしまっているということですな。別に男性自体は全然悪い生き物じゃないのに。
自分に好意を持ってくれていると知った途端に吐き気がして逃げたくなるのは悲しい。

というストレスが溜まったのか、胃腸が消化不良を起こしているらしく、気持ち悪いー。
わーん。社会に適応できない三十路。。も半ば過ぎました。げっぷ・・。
まあ恋人がいた時期もあったわけだし、過去のトラウマも単なる言い訳。
社会に適応できるように人付き合いは大事にしよう。
[PR]

by pika_No1 | 2010-02-02 00:09 | 脳内毒素

ドア付近のお客様は

『一旦降りてから再度ご乗車下さい』

中央線のアナウンス。
ドア付近じゃないけど、降りる客が後ろからわらわら来るから、一旦降りてあげたのに。


再度ご乗車しようとしたら
ドアが閉まりだして締め出しを食らう。

何をおお!

ちょっと待てこら。
体を半分突っ込んでドアに挟まれる。
なのにドアは私を挟んだまま開かない。
必死に体をねじ込んで乗車。

『無理なご乗車はお止めくださ~い』

むかつく!!
マジむかつく!!

朝から機嫌が完全に斜め。
斜めっつーか横たわりたい。
ねむーい。
[PR]

by pika_No1 | 2010-01-19 08:01 | 脳内毒素

なぜだろう

世の中の人たちはみんな忙しそうで、仕事に追われて大変そうなのに。

なんで私のところには仕事がやってこないのだろう。

無理やり釜のヘリにひからびてはりついている米を必死にこそげとるようにしないと、仕事が見つからない。無理やり仕事だと思い込まないとやることがない。なんで?

なんでどこへ行ってもこうなるのだろう。どうしたら皆と同じように働けるのだろう。組織に必要としてもらえるのだろう。

朝起きて、会社に行く理由が欲しい。1日生きる理由が欲しい。

ほんとそろそろ疲れてきた。
[PR]

by pika_No1 | 2009-10-15 00:38 | 脳内毒素

不快と不信

つのる一方。

30歳になったので、結婚しろだの子供を産めだの、この先どうすんの?だの
よく話に出ます。周囲の物好きな人たちから。特に男性。
君はいい子で一人でいるのはもったいない、応援しているなどという言葉も。

はあ。どうも。

でも、あなた方は私の今までの人生の何を知っているのだい?
私が何を経験してきてそこから何を感じてどう決断してきたのか
知りもしないでどうしてそんなに大口が叩けるのだい?
「結婚」「出産」そのものはそりゃあ素敵でしょう。自分だけの家族が
いるとどんなに心強くて、幸せな発見も多いことでしょう。

まあそれを語るのは良いです。だってそれはあなた方が経験して
実感してきたことだから事実なのでしょう。
それは否定しません。
家族を持つのは素晴らしい。子育ては感動の連続。
だから君もそれを手に入れるべきだ。

ええ。ええ。手に入れられるように頑張ります。
自分の速度で。自分の意思で。

でもね。あなた方には説得力がないんだよ。

さんざん語った挙句、そういう人に限って、帰りがけに必ずと言ってよいほど
人を欲求のはけ口にしようとする。
今の今まで自分の子供に対する愛情だの、結婚の素晴らしさだのを口にしていたくせに。

君のことが心配だから。君の事は応援しているから。
ほうっておけないから。君には自信を持って欲しいから。

応援しているから。 なぜ手を繋がなければいけないのですか。
心配だから。なぜあなたと泊まらなければならないのですか。

信頼を裏切っていることに全く気付いていないご様子。
寂しい独身女性をなぐさめた気になってついでに
ちょっとおいしい思いをしたいという自己満足。

そんなつもりじゃない、と言うんでしょうね。仲間だから。友達だから。なんて。
今まで協力してやったじゃないか、とか言うんでしょうか。それらの信頼を
崩しているのは自分自身だということに気付かずに。
世間じゃそんな言い訳通用しないんですよ。気の強い女性だったら訴えてますね。

私は気の弱いサラリーマン。不信を表に出さずに適当に聞き流して笑う。
腹の底では汚い汚い暴言を吐いて。
[PR]

by pika_No1 | 2009-08-31 00:09 | 脳内毒素

はやく

片付いてくれよ。
[PR]

by pika_No1 | 2009-08-15 22:39 | 脳内毒素
line

のらりくらり


by pika_No1
line