泣きっ面に蜂

昨日の朝起きたら風邪を引いてました。うかつにも、窓を開けたまま寝てしまっていた!喉と頭がいたーい!
幸い熱はありません。そういえば、一人目を妊娠した頃から、風邪を引いても熱が出なくなりました。恐らく気合いなのでしょうね。
でも、つわりと風邪のダブルパンチで、もう何がなんだかわからないくらい痛いキモいだるい!
これまた幸いGWなので夫が一週間仕事休み。なので、毎日娘を外に連れ出してくれるので私は1日寝ていられます。でも夫もそろそろ体力の限界に来てる感じで誠に申し訳ない(泣)
しかも風邪が娘に移ったらしく、さっきも鼻を垂らしながら踊っていた。
子供の風邪を親が貰うならまだしも、親の風邪を子供に移してしまうなんて、サイテー私!ごめんよお。と泣きたくなったり。
とにかとにかく早く治さなきゃ。ネットで、玉ねぎを枕元に置いて寝ると喉の痛みが治る!とあったので寝ながら嗅ぎまくってますがまだ効果でず…。
ちきしょーめ!
[PR]

# by pika_No1 | 2015-05-01 13:50

また1年近く

まだブログ残ってる!ひさびさに読み返すと面白いものですね。
娘は一歳5ヶ月になり、私はただいま二人目を妊娠中。つわり、おえー!です。専業主婦なのでワーキングママたちに比べれば楽なんでしょうけど、やはり上の子がいる中でのつわりは苦行です。
それでも、娘が笑うと頑張るか!と思え、泣いてる顔を見ても頑張らなければ!と思えるのが不思議ですね。
子供を産むまでは、世の中を悲観することしかできませんでしたが、産まれたからには娘にはそんな風に生きてほしくない、と切に思います。楽しいこと夢中になれることがこの世には溢れていて、例え苦しいことも生きているこらこそ体験できるものなんだと。
とはいえ、私自身、今はつわりでもーう逃げ出したい。上の子の世話で手一杯で、お腹の子に話しかける気力もなーい!
軟弱母ちゃんでごめんなさい。

[PR]

# by pika_No1 | 2015-04-30 00:30

乳トラブル

乳腺炎、5回目。
ほんとーに嫌だーー。気力体力を根こそぎ持っていかれる。
どんだけ乳出てんだ。そんなに要らないってのに。

しかも、離乳食を始めたとたんに飲む量が激減して、乳が張る張る。まだ一回食だし殆ど溢してるし、腹が膨れるわけないのに、なんで飲まないのー(泣)

いつ乳にしこりが出来るかヒヤヒヤ。
卒乳とか断乳ってどうやって進めてくんだ。乳がどんどん溜まってしまうではないか。段々出る量減るとか言うけど、間隔が空けば詰まっちゃうじゃんか。

アタマの中は乳のことでいっぱい。
アンサンブルの練習にでかけても、集中できやしない。
今週末は産後初のアンサンブルコンサート。何せ個人練習なんて出来ないので、上手く吹けるかなんて心配すらするに値しない。吹かせて貰えることにただただ感謝です。
せめて本番だけは乳に異常がでないことを祈ります。
[PR]

# by Pika_No1 | 2014-06-05 12:38

改めて思う

育児をしていると、常にテンション高めで子供と接することになるので、汗だく。
とにかく一日中子供に向かって話しかけてるので喉もかわく。
働いてたときは、一日中誰ともはなさない毎日でしたが、これだけ声を出してエネルギーを放出してると心身ともに循環してる気がする。

お陰様で育児ノイローゼには今のところならずに済んでます。
「言葉の通じない赤ん坊と1日一緒にいるのが苦痛」
ていう人が多いけど、私にしてみれば「普通なら言葉が通じるはずなのに通じないオッサン」だらけの会社にいる方が何万倍も苦痛だったなあ。赤ちゃんは、言葉は通じなくて当たり前だし、思い通りに行かないのが普通の状態なので、自分の脳ミソが納得することができてる。
オッサンと接していると、脳ミソが受け入れられない事象がありすぎて完全に処理できなくなってたなあ。
退職して本当に良かった、と思う今日この頃。
[PR]

# by Pika_No1 | 2014-05-04 01:41

赤ちゃんあるある

くしゃみが止まらないー。
一昨日から急に花粉症みたい。
授乳しててもくしゃみがでるので、娘もその都度ビックリしてこっちを見てくる。
どうもこの子は、乳への集中力が足りない。
授乳中に少しでも私が他の人と話したりすると「ちょっとウルサイ」と言わんばかりに顔を上げて睨んでくる。
他の赤ちゃんの声がすると「え、なに?!」とキョロキョロ。

あと、よく誰もいないのに部屋の隅とかみて笑う、て言いますよね。大人には見えない何かが見えてるとか。
最近それが激しい。怖い。
誰かに呼ばれたかのように「え?」と顔を上げて、じーっと部屋の隅や天井を見つめて、ニカ~と笑います。何かを目で追ってクスクス。

何がいるんだろう。
ご先祖様がいらしてるのかしら。
どうせなら泣いてるときも来ていただいて、あやしてほしいな。
[PR]

# by Pika_No1 | 2014-04-12 09:45

週末

旦那は飲み会。
娘も寝てるので、久々に1人の時間!
ドラマなんぞ見たりして。
極楽~!!

先月から全身の神経痛が酷くて整骨院通いしてむす。
腕も足も腰も首も膝も激痛で体が割れそう。
院はベビーカーごと持ち込みOKなので娘もすっかり常連。
先生に抱っこしてあやしてもらったり、他の患者さんにあやしてもらったり。
人情溢れる場所で助かります。
しかしなかなか痛みの方は治らず。
もはやいたくなかった頃の感覚を覚えていない。
何とかならんかなー。
[PR]

# by Pika_No1 | 2014-04-11 23:36

一人目って

こうやって金をかけてもらえるんだね。
と自分の行動を以って実感。

ひな人形が届きました。
ローテーブルに飾るのがちょっと殺風景ですが。
赤い布でもあればよかったのですが。

今月末にはお食い初めもあります。
親から食器ももらい、尾頭付きの鯛も当日持ってきてくれるとか。

たぶん、二人目を生んだとしても、その子にはこういうことはしないだろうな。

一人目ってすごーい。

私自身が3人姉妹の末っ子で、子供の頃はすべてお下がりで生きてきたので
改めて一人目って物凄い親の気合と愛情が注がれるんだな、と思います。
私の姉もきっとそうだったのね。いいなあー、なんて。

しかし末っ子は大きくなっても末っ子。
今でも親は私のためにあれやこれやと世話を焼いてくれるのでありがたいです。

f0033997_23295512.jpg

[PR]

# by pika_No1 | 2014-02-13 23:30

どっこいしょ

夫にしか笑わない娘。
そのことに凹み、泣いた後、気を取り直して娘と接すると
敏感に表情を見ているのか、怪訝そうな顔でこちらを眺め、気を使って笑ってくれる。
眠い時などつい無表情で世話をしてしまい、しまったと思い慌てて笑うと、笑顔を返してくれたり。

赤ん坊に気を遣わせるなんて、本当に申し訳ないです、て感じ。

相変わらず夫には完全に心を預けている。
抱っこもお風呂も鼻くそとるのもげっぷをするのも寝かしつけも、すべて夫のほうが上手だし丁寧だし、仕方ないのかね。
「もうすぐすると、ママ大好きになるよ。寝るときはママじゃなきゃ寝なくなるし」、て誰もが言うけど、うちの場合は無理そうな気がする。
最近は泣かれると「夫がやればこの場面では笑うんだろうなー」と考えるようになってしまった。私がやらないほうがいいんだろうなという思いがベッタリ定着してしまった。悪循環だなあ。

今も、私の子守歌ではギャン泣きしていたのに、夫が歌いだした途端に笑顔になり甘えた声をだし、あくびをし、そのまま嬉しそうに眠りについてしまった。
寝るときはママじゃなきゃ、なんて状況にはならなそうだ。

それでも、娘がちゃんと笑顔になれる相手が出来てることがとりあえずよかった。
日中、居心地の悪い私と過ごさなければならないのは本当に申し訳ないけど。
へたくそなベビーシッターとだとでも思ってくれ。
陰ながら私は愛し続けよう。いや、こんな風に考えてしまうってことは、ちゃんと愛せてないのかな。
私は結局自分のことばかり考えているのだろう。

それにしても。
仕事でも散々思ったけど、私は生粋の役立たずなんだなー。
まさかここでもこうなるとは思わなかった。

さてまた始まるぞ、て感じだな。
今度は今までよりもさらに過酷で長い。自分といちいち付き合っていくのもそろそろやめたいんだけどな。

と、とりあえず醜い毒は吐いたので、また明日も乗り切らなければ。
[PR]

# by pika_No1 | 2014-02-04 00:40

ひな人形

女の子ですからお雛様を買わなくちゃ。
ということで近場の大型ショッピングモールにある赤ちゃん本舗で手っ取り早く買いました。
本当はちゃんと久月とかの店舗に行って選んだほうがよいのかもしれないけど。
そこまで気合が入れられない。

最近は、マンション住まいの人も多いせいか、親王(男雛と女雛?)だけしか飾らないのですね。
売ってるのもせいぜい三人官女まで。ほかの従者たちがいない。。
自分が子供のころは、ガラスケースに入った小さい人形たちだったけど、五人囃子やら右大臣、左大臣など他の従者が勢ぞろいだったので眺めていて面白かった。
でも基本的に人形というものが嫌いだったので、怖くて触れなかった。
なので出すのも片づけるのも母が一人でやっていて私は横でそれを眺めていただけだったなー。

そして最近は、台座が収納箱になるタイプがあるのですね。
でも、お店の人は、こういうのは結局箱代にお金がかかるため、人形のレベルが落ちてしまうからおすすめしないそうです。ガラスケースに入ってるタイプも、コンパクトだけど触ることができないし、奥行きが足りないから着物の後ろ側が超いい加減な作りになってしまうそうで。
飾る楽しみ、目で楽しむことを考えたら箱やらケースのないもののほうが良いそうです。

なるほどー。
純粋に人形だけに手間暇かけてるほうが確かに良いですねー。
娘が大きくなったら二人で楽しく飾ったりする姿を妄想したりしてちょっと心が躍りました。

しかし、近くにいた若い女性が、母親と買いに来ていて。
お母さん側はやっぱりガラスケースにはいっていないタイプを推しているんだけど

「私はね、お母さんみたいに丁寧な性格じゃないんだよ!いちいち自分で飾ってまたきれいにしまってなんてできないからケースに入ってたほうがいいんだよ。せっかく買っても汚したり壊したりしてだめにしたら意味ないじゃん!」

だよねー。
時代が変わればひな人形も変わりますね。
そのうち3D画像とかで楽しむタイプも出そうですな。
[PR]

# by pika_No1 | 2014-02-02 01:57

楽器の

吹き方がわからなくなってる~。
出産手本当に体の色んなものを破壊していくのですね。
腹筋が半端なく弱ってる。

高音が出ない。跳躍がアホみたいに出来ない。
腹の支えがなくなってしまったので唇に力が入って口先で吹いてしまう。
初心者化している音にショック。
でも、やめるもんか。ここでやめたら二度と吹くことはないだろうな。
先生も言っていました。

「育児が落ち着いてから再開も考えたけど、もしそうしたら、再開した時の自分の音が許せなくて結局辞めてしまうだろうと思ったから、必死に吹き続けたよ。」

うんうん、私もそんな気分。今でさえ自分の出す音にゲゲッと思うから、数年間ブランクなんぞ作ったらもう無理だろうな。

2月の発表会にも出させてもらうことにしました。
とても譜面は簡単だけれど、簡単だからこそ難しい。。
イメージしているのと実際の音色がかけ離れすぎていてムムムーっと思います。

それでもやり続けたい。

自分の人生の中で、「それでも」と思えるのって、楽器と娘に対してだけかも。
仕事も人間関係も、基本ちょっと壁にぶち当たるともうやだー、と逃げ回っていたし。

「それでも」と思える事、もう少し増やせたらいいなあーー。
[PR]

# by pika_No1 | 2014-01-27 01:43
line

のらりくらり


by pika_No1
line